福岡の刑事事件専門弁護士へ!北九州市の万引き事件の再犯で逮捕なら

2017-06-17

福岡の刑事事件専門弁護士へ!北九州市の万引き事件の再犯で逮捕なら

福岡県北九州市に住んでいるAさんは、市内のスーパーマーケットで食料品など約1,000円分を万引きし、福岡県小倉北警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
実はAさんは、過去にも万引きして逮捕されており、今回はいわゆる再犯でした。
その後、Aさんは窃盗罪で起訴され、正式裁判を受けることになりました。
万引きで正式裁判になると知って驚いたAさんとその家族は、福岡県内で刑事事件を専門に扱っているという弁護士に相談し、弁護活動を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・万引き事件で正式裁判?

いわゆる万引きは、刑法235条に規定のある、窃盗罪にあたります。
窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
このように、窃盗罪の法定刑には懲役刑も定められているので、上記の事例のように万引き事件であっても正式裁判になる可能性はあるのです。

特に、今回の事例のAさんは、過去にも万引きを行って逮捕されたという経歴があり、いわゆる再犯での逮捕となっています。
再犯を行って逮捕された場合、処分は前回の場合よりも厳しくなる可能性が高いです。
万引きも同じで、何回も繰り返して行っていれば、Aさんのように正式裁判になり、その結果刑務所に行くことも考えられます。

このようにならないためには、万引き逮捕されたら早期に刑事事件に強い弁護士に相談し、再犯を犯さないための対策をきちんと取ることが重要です。
万引きを行ってしまった原因は何なのか、どうすれば万引きの原因をなくせるのか、弁護士と一緒に考えてみましょう。
また、もし正式裁判になったのであれば、刑事事件に強い弁護士と一緒に、今後の再犯防止策や、反省の気持ちを主張し、執行猶予付き判決や減刑を求めることが可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士があなたの相談をお待ちしています。
万引き事件でご家族が逮捕されてしまってお困りの方、再犯防止についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士までご相談下さい。
福岡県小倉北警察署までの初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください)

ページの上部へ戻る