福岡県小郡市の刑事事件で逮捕 弁護士により強制わいせつ事件で不起訴に

2017-06-16

福岡県小郡市の刑事事件で逮捕 弁護士により強制わいせつ事件で不起訴に

福岡県小郡市に住むAさん(32歳)は酔っぱらって帰宅途中に,目の前を歩く女性Vに抱きついたとの容疑(強制わいせつ罪)で,福岡県小郡警察署逮捕されました。
Aは,酔っており,全く覚えていません。
Aは,今後,どうしたらよいのか,不起訴になることは可能なのか心配になり,刑事事件専門の弁護士に接見を要請しました。
(フィクションです)

強制わいせつ罪】
強制わいせつ罪は,刑法176条に記載されており,「十三歳以上の男女に対し,暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした」場合に,六月以上十年以下の懲役が科されます。
また,「十三歳未満の男女に対し,わいせつな行為をした場合」には,暴行又は脅迫の有無にかかわらず,強制わいせつ罪が成立することになります。
強制わいせつ罪は親告罪(180条)ですから,告訴がなければ処罰されません(不起訴になります)。

強制わいせつ罪不起訴
先述のとおり,現行法上,強制わいせつ罪は親告罪とされています。
ですから,相手方が告訴をしなかったり,告訴を取り下げた場合には,不起訴処分となります。
そのためには,しっかりと,自らが行ったことを反省し,相手に許してもらう必要があります。
ただ,被疑者が自ら被害者と接触することはかなり困難ですし,そもそも被害者の連絡先すら教えてもらえないことが多数です(検察や警察は,被害者の情報を簡単に教えることはしません。被害者への報復可能性や,被害者が連絡先を知られたくないと言っているからです)
その場合,弁護士が間に入ることで,「弁護士限りであれば」と,被害者さんの連絡先を教えてももらえる可能性が上がります。
そして,謝罪と賠償をしっかりすることで,不起訴処分となる可能性を挙げることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の事務所として,数多くの強制わいせつ事件を経験しており,不起訴実績も多数ございます。
福岡県小郡市刑事事件強制わいせつ事件)で逮捕され,不起訴可能性を高めたいとお考えの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
福岡県小郡警察署 初回接見費用:3万9300円)

ページの上部へ戻る