Archive for the ‘恐喝罪’ Category

【少年】福岡県博多区の恐喝事件 少年事件に強い弁護士が示談交渉

2018-07-06

【少年】福岡県博多区の恐喝事件 少年事件に強い弁護士が示談交渉

Aさん(18歳)は,Vさんに対し,「俺の女に手出してどうするとや」「金を出せ」などといって現金を要求し,Vさんから現金約15万円を受け取りました。
Aさんは,博多警察署恐喝罪逮捕されたので,Aさんの両親は少年事件に強い弁護士接見を依頼しました。
Aさんの弁護士はVさんとの間で示談交渉することを検討しています。
(平成30年6月8日西日本新聞掲載事案を基に作成)

~ 恐喝罪(刑法第249条) ~

人を恐喝して財物を交付させた場合には,恐喝罪が成立します。
恐喝」とは,暴行・脅迫を用いて,財物の交付や財産上の利益の処分を要求することをいいます。
そして,恐喝罪暴行脅迫は,強盗罪における「脅迫」とは異なり,相手方の反抗を抑圧するに至らない程度で足りるとされています。

相手方の反抗を抑圧するに至らない程度であるかどうかは,単に相手方の主観によるだけではなく,加害者・相手方の性別・年齢,犯行の時刻・場所・手段方法など個別の事件の具体的事情を総合して客観的見地から判断すべきとされています。

暴行・脅迫により,相手方が畏怖し,これに基づいて相手方が財物を交付したり,相手方から財産上不法の利益を得たりすると恐喝罪が成立します。
恐喝罪の法定刑は10年以下の懲役です。

もっとも,Aさんは少年(20歳未満の者)として少年法の適用があり,原則として刑罰は科せられません
しかし,少年審判が開かれた場合には,保護観察少年院送致などの保護処分を科されることがあります。
ただし,恐喝罪等の財産犯の場合,被害者との間で示談を成立させておくと,少年院送致よりも保護観察保護処分よりも不処分といったように,より有利な結果を得られやすくなります。

示談交渉は,法律のプロである刑事事件・少年事件に強い弁護士にお任せすることをお勧めします。
刑事事件・少年事件でお困りの方,示談交渉をご検討中の方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
博多警察署までの初回接見費用:34,300円)

福岡市南区の18歳未満の少女による美人局 詐欺罪や恐喝罪で示談交渉 

2018-05-03

福岡市南区の18歳未満の少女による美人局 詐欺罪や恐喝罪で示談交渉

女子高校生と性的関係を持たせた上で、男性から金を脅し取ったとして、福岡県警察南警察署は、性的関係を持った当事者である福岡県内の女子高校生(17)、別の女子高校生(17)、無職の男(21)の3人を恐喝罪の容疑で逮捕した。
逮捕容疑は、共謀して、男性会社員(30)に女子高校生と性的関係を持たせた上で、福岡市内で「俺の彼女は17歳ぞ」「示談金100万円払え」と恫喝し、男性から現金13万円を脅し取った容疑。
(2017年10月16日の西日本新聞の記事を基に作成したフィクションです。)

~18歳未満の者との性交・交際したことを利用して美人局?~

昨今、18歳未満と性的関係を持ってしまって逮捕されたというニュースをよく目にします。
芸能人や著名人が関係している場合は,とりわけ大々的に報道されます。

18歳未満の者との性交・交際は、
・いわゆる青少年健全育成条例
・児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律
・児童福祉法
・出会い系サイト規制法
などの法令で禁じられています。

しかし、今回の事例のように、18歳未満の者と性交・交際すると罰則対象になり得ることを利用して、脅しの手段にする人もいます。
一般的に今回の事例のような行為は、美人局(つつもたせ)と言われます。

美人局の典型例としては、男性が自分の妻や交際相手に他の男性を誘惑させ、その誘惑に乗ってきた男性に対し、自分の女性に手を出したことに因縁をつけて金銭等を脅し取るといった行為です。

しかし、最近は、インターネットの普及およびSNSの利用者が拡大したことで、女性側が18歳未満であることを利用した新たな美人局が増えてきているそうです。
生活トラブル相談センター東京なども、この種の美人局の横行について注意を呼びかけています。

美人局行為は、刑法上の詐欺罪恐喝罪に当たる事が多いです。

詐欺罪は、人を欺いて財物を交付させた、または、人を欺いて財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた場合に成立し、十年以下の懲役となります。

恐喝罪は、人を恐喝して財物を交付させた、または、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた場合に成立し、十年以下の懲役に処せられます。
なお、美人局行為に関与した女性も、詐欺罪恐喝罪の共犯となる可能性があります。

詐欺罪にせよ恐喝罪にせよ決して軽い罪ではありません。
しかし、詐欺罪恐喝罪の全件が起訴されるわけではありません。
起訴されない(=不起訴になる)のは、嫌疑が不十分だった場合はもちろんですが、嫌疑がはっきりしていても総合的な判断で検察官が不起訴にする(=起訴猶予)こともあります。
起訴猶予として不起訴となるか否かは、被害者との示談が成立しているかが大きな影響します。
不起訴に大きく影響する示談交渉については、刑事事件に強い弁護士に依頼されるとよいでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
美人局による詐欺罪恐喝罪でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(福岡県警察南警察署への初回接見費用:35,900円)

福岡県朝倉市の恐喝事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士に無料法律相談

2018-02-13

福岡県朝倉市の恐喝事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士に無料法律相談

Aさんは、会社の部下Vさんに対して「左腕を出せ」といい、Vさんの左腕に無理やり腕時計を巻き付け、「お前だけん、特別に9万円でええぜ」「買わんかったらどうなるか分かっとるな?」などと言って、9万円を脅し取りました。
後日、Vさんの通報により、Aさんは福岡県警察朝倉警察署の警察官に恐喝罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、刑事事件に強い弁護士無料法律相談することにしました。
(平成30年1月16日西日本新聞掲載事案を基に作成)

《 恐喝罪 》

他人を恐喝して財物を交付させた場合には、刑法第249条の恐喝罪が成立します。
恐喝とは、財産を交付させるための手段として行われる暴行・脅迫であり、相手方の反抗を抑圧する程度に至らないという点で強盗罪と区別されます。
そして、相手方、一般人を畏怖させるに足りる害悪の告知であれば、恐喝罪における脅迫といえます。
AさんのVさんに対する脅迫行為は、会社の上司から「買わんかったらどうなるか分かっとるな?」等と言われると畏怖するのが通常だと考えられますので、恐喝罪における脅迫、つまり恐喝にあたりそうです。

では、上の事案で、Aさんが実際に9万円相当の腕時計を渡していたらどうでしょうか。
無理やり買わせているとはいえ、Vさんは現金9万円を支払った対価として腕時計を受け取っているわけですから、犯罪には当たらないようにも思えます。
しかしながら、裁判所としては、暴行・脅迫を用いて現金を受け取っていることに変わりはないので、現金の対価を渡していることは恐喝罪の成否に影響を与えないと考える傾向にあります。
したがって、上の事案のAさんが腕時計をVさんに渡していたとしても、恐喝罪が成立する可能性が大きいでしょう。

恐喝罪の法定刑は10年以下の懲役ですので、恐喝罪起訴された場合にはこのような刑が科せられる場合があります。
このような刑を回避する手段として、不起訴執行猶予があります。
早い段階で刑事事件に強い弁護士に相談し、相手方への示談等の弁護活動により、不起訴執行猶予となる場合があります。
恐喝罪逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(初回法律相談:無料)
(福岡県朝倉警察署までの初回接見費用:4万1,900円)

福岡県嘉麻市の恐喝未遂事件で逮捕 前科回避に強い弁護士

2018-02-02

福岡県嘉麻市の恐喝未遂事件で逮捕 前科回避に強い弁護士

Aは、携帯電話にインターネットで知り合ったVに裸の写真を送信させ、さらにVに「ばらまこうかな」「ばらまかれたくなければ金を振り込め」などのメールを送りましたが、結局、Vが福岡県警察嘉麻警察署へ相談に行ったため、Aはお金を手に入れることはできませんでした。
後日、前科が付くことを恐れたAは、弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

まず、Aの行為は恐喝未遂罪に該当する可能性があります。
恐喝罪は、①「恐喝行為」があって、②被害者が怖い思い(畏怖)をし、③その怖い思いに基づく処分行為(例えば、お金を渡すなど)があって、④そのお金が行為者に渡るという一連の因果関係があってはじめて成立する犯罪です。
①「恐喝行為」とは、財物又は財産上の利益を供与させる手段として、人を畏怖させるような「暴行・脅迫」を言い、その「暴行・脅迫」は、相手方の反抗を抑圧するに至らない程度のものでなければならないとされています。

一般に、恐喝行為は、「脅迫」、すなわち人を畏怖させるような害悪の告知として行われ、Aの行為もこれに該当する可能性があります。また、Aはお金を受け取ってはいませんが、恐喝罪の場合、①「恐喝行為」を開始した時点で未遂罪が成立しますので、Aは恐喝未遂罪で刑事責任を問われる可能性があります。

では、Aが前科を回避するにはどうすればいいでしょうか?
事件になる前であれば、弁護士が被害者と示談などの交渉をすることで立件(送検)を回避し、前科を回避することができますし、立件(送検)された後でも、被害者と示談交渉を進めるなどして不起訴処分(裁判を受けないで済む処分)を目指し、結果的に前科を回避することができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、恐喝事件等の刑事事件を専門とした弁護士が所属しています。
恐喝未遂罪前科を回避したい方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(●●県●●警察署への初回接見費用    円)

福岡県糸島市で恐喝事件で逮捕 無罪主張を証明してもらうには弁護士

2018-01-17

福岡県糸島市で恐喝事件で逮捕 無罪主張を証明してもらうには弁護士

20代男性のAさんは、知人Vさんに150万円ほどお金を貸していました。
Aさんは、Vさんに何度かお金を返すよう言ったものの、Vさんからお金を返してもらえなかったことに腹を立て、Aさんは「金を返さないなら、お前とお前の家族をネットに晒すぞ」など、Vさんを脅すようなかたちで150万円を返金させました。
後日、Aさんは、福岡県警察糸島警察署脅迫罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~恐喝罪とは~

恐喝罪」とは、暴行または脅迫を手段とし、その反抗を無理矢理押さえつけるには至らない程度に、相手方をおそれおののかせて、財物の交付を要求することをいいます。

上記事例の場合、AさんがVさんからお金を返してもらうために、「金を返さないなら、お前のとお前の家族をネットに晒すぞ」などの脅迫を手段とした場合に恐喝罪が成立するか否かが問題となります。
この場合、たとえ貸したお金の返済のためであったとしても、相手方をおそれおののかせなければ、交付または移転しなかったであろう財物が、脅迫の結果、交付または移転しているため、財産的損害が認められ、恐喝罪が成立する可能性が高いです。

では、どの程度までなら許されて、どの程度からが「恐喝」となってしまうのか問題となります。

判例では、「他人に対して権利を有する者が、その権利を実行することは、その権利の範囲内でありかつその方法が社会通念上一般に忍容すべきものと認められる程度を超えない限り、なんら問題も生じない」とされています。

つまり、今回の事例であれば、Aさんの行為が権利の範囲内で、返金を要求した行為が社会通念上、大目に見ることのできる行為と認められる程度であったことが証明されれば、Aさんの行為が正当な行為として認められ、恐喝罪の不成立を主張できる可能性があります。
早い段階で刑事事件に強い弁護士に相談・依頼をし、弁護活動に動いてもらうことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、恐喝事件などの刑事事件専門の弁護士が多数在籍する法律事務所です。
恐喝罪でお困りの方、無実を主張したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士まで、ぜひご相談くださいませ。
(福岡県警察糸島警察署への初見接見費用:37,800円)

美人局の犯人が恐喝罪で逮捕 福岡県内で刑事事件に強い弁護士

2017-10-30

美人局の女子高生等が恐喝罪で逮捕 福岡県の恐喝罪は刑事事件に強い弁護士にご相談を

女子高校生と性的関係を持たせた上で、男性から現金を脅し取ったとして、福岡県南警察署は、男性と性的関係を持った当事者である女子高生(17)と別の女子高生(17)、福岡県内に住む無職の男(21)の3人を恐喝罪で逮捕しました。
(この事件は平成29年10月16日の西日本新聞掲載の事件を参考にしています。)

≪美人局≫
美人局は恐喝罪にあたります。
恐喝罪とは、暴行、脅迫を持ちて被害者を畏怖させて金品の交付を受ける事です。
暴行、脅迫の程度は人を畏怖の念を生じさせる程度とされており、恐喝罪が成立するには、犯人の恐喝行為と、被害者の畏怖、金品の交付行為の間に因果関係がなければなりません。
例えば、犯人から脅迫された被害者が、畏怖する事はなかったが、犯人に対する哀れみの情から金品を交付した場合は、それぞれに因果関係が認められず、恐喝未遂罪が成立するにとどまるのです。
ちなみに恐喝罪での「脅迫」とは人を畏怖させるに足りる「害悪の告知」ですので、必ずしも被害者本人に対するものである必要はなく、友人や家族等被害者以外に対する害悪の告知であっても、被害者が畏怖すれば「脅迫」となります。
今回の事件で逮捕された犯人は、被害者に対して「俺の彼女は17歳ぞ」「示談金100万円払え」と恫喝しており、畏怖した被害者が現金を指定された口座に振り込んでいますので、恐喝罪が成立すると考えて間違いありません。

≪弁護活動≫
恐喝罪には「10年以下の懲役」の罰則が定められており、罰金の罰則が規定されていないため、起訴された場合は、無罪若しくは実刑判決(執行猶予を含む)となります。
そのため、恐喝事件の弁護活動は起訴されない事(不起訴)が重要なポイントとなります。
起訴、不起訴は検察官が決定するのですが、決定するまでの期間は、勾留された場合で、勾留決定日から10日~20日、不拘束で警察の取調べを受け、書類だけが検察庁に送致された場合は、起訴までの期限は定められていません。
いずれにしても、起訴されない(不起訴)となる為には、早急に被害者等と示談する事が重要となるので、恐喝事件を起こしてしまった方は、一日でも早く弁護士に相談する事をお勧めします。

福岡県内で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、ご家族、知人が恐喝罪で逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回接見のご依頼は、事務所にお越しいただく事なく、電話でご依頼いただく事ができます。
(初回法律相談:無料)
(福岡県南警察署までの初回接見費用:3万5,900円)

 

 

 

【福岡県古賀市の恐喝事件で逮捕!】~刑事事件専門の弁護士が示談交渉へ

2017-08-10

【福岡県古賀市の恐喝事件で逮捕!】~刑事事件専門の弁護士が示談交渉へ

福岡県古賀市に居住するAさんは,知人の女性と一緒になって,出会い系サイトで知り合った男性Vさんから50万円を恐喝しました。
その後,Vさんが福岡県粕屋警察署に被害届を提出したことから,Aさんと知人女性は,ともに恐喝の罪で逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は,Aさんのことが心配になり,被害者との示談交渉などを刑事事件専門の弁護士に依頼しました。
(この事案はフィクションです)

恐喝
恐喝とは,暴行,脅迫を用いて被害者を畏怖させて金品の交付を受けることです。
ここでいう暴行,脅迫の程度は,畏怖の念を生じさせる程度とされており,恐喝の罪が成立するには,犯人の恐喝行為と被害者の畏怖,それに金品の交付行為の間に因果関係がなければなりません。

例えば,犯人から脅迫された被害者が畏怖することはなかったが,犯人に対する哀れみの情から金品を交付した場合は,それぞれに因果関係が認められないことから,恐喝未遂の罪がとどまるにすぎません。
ちなみに,恐喝の罪における「脅迫」とは,人を畏怖させるに足りる「害悪の告知」が必要ですので,必ずしも,被害者本人に対するものである必要はなく,友人や家族など被害者以外に対する害悪の告知であっても,被害者が畏怖すれば「脅迫」になります。

例えば,「お前の子どもの学校にトラックで突っ込むぞ」といった内容で金品を要求した場合でも,ここで述べる恐喝の罪が成立するのです。

恐喝の罪には,10年以下の懲役の罰則が定められています。
つまり,恐喝の罪には罰金刑の規定がないため,起訴されて裁判になった場合は,無罪若しくは有罪判決(実刑又は執行猶予)しかないため,恐喝事件での弁護活動は,いかに起訴されないようにすること,つまり不起訴処分を得ることが重要なポイントになります。

一つの事件を処分するにあたり,起訴するか,不起訴にするかは,検察官の判断に委ねられています。
事件を起こして逮捕・勾留された場合は,勾留が決定された日から10日ないし20日後に,起訴か不起訴などの処分が決定します。
逮捕・勾留された事件では,時間的制約があるため,上記期間で処分が下されますが,逮捕されなかった場合は,警察から検察庁に書類だけが送られることになりますので,決まった時間的制約はありません。

いずれにしても,起訴されない(不起訴処分を得る)ためには,早期段階で,被害者に対する謝罪や被害者との間での示談を行うことが重要になりますので,恐喝事件を起こしてしまった方は,一日でも早く弁護士に相談することをお勧めします。
恐喝事件に限らず,福岡県古賀市で,ご家族やご友人などが刑事事件を起こして警察に捕まったり,これらか警察で取調べを受けることになっているという方は,まずは,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
被害者との示談交渉に強い刑事事件専門の弁護士が迅速な弁護活動を実施します。

(初回法律相談:無料)
(福岡県粕屋警察署への初回接見費用:3万7,200円)

 

福岡県久留米市の恐喝事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談!

2017-07-07

福岡県久留米市の恐喝事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談!

Aさんは、福岡県久留米市において、通行中の高校生2名に因縁をつけるなどして、その高校生2名から現金を取り上げたことにより、後日、福岡県久留米警察署恐喝罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に今後の手続きや見通しなどについて、相談して対応することにしました。
(※この事案はフィクションです。)

恐喝罪とは…】

恐喝罪は、刑法249条に「(1項)人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」、「(2項)前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする」と規定されています。
上記事案においてAさんの行為は、人を脅して金品を巻き上げる行為ですから、前に述べた刑法249条1項の恐喝罪に当たると考えられます。

また、恐喝罪には、窃盗罪などに規定されている「罰金刑」はありません。
そのため、恐喝罪で起訴されて有罪判決を受けると、執行猶予付きの判決を受けるか、実刑判決(刑務所に入ること)を受けるかになります。

このように恐喝罪の法定刑は大変重いものですから、恐喝事件で逮捕された場合には、刑事事件に強い弁護士にいち早く相談するなどして、被害者の方への謝罪や被害弁償又は示談などを進め、実刑判決を受けなくてすむようにすることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に強い弁護士が、依頼をされた方々のために、身柄解放活動、被害者への謝罪や示談交渉、裁判における弁護活動まで、迅速かつ丁寧に対応させていただきます。
恐喝罪逮捕されたり、逮捕されそうになった場合は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県久留米警察署までの初回接見費用:4万700円)

北九州市小倉北区の恐喝罪で逮捕 少年事件の早期身柄解放に強い弁護士に相談

2017-05-26

北九州市小倉北区の恐喝罪で逮捕 少年事件の早期身柄解放に強い弁護士に相談

 

福岡県北九州市小倉北区に住む少年A(17歳)は、不良仲間と一緒に地元の中高生に対し、恐喝を繰り返していたところ、小倉北警察署の警察官に恐喝罪の犯人として逮捕されました。
知らせを受けた少年Aの両親は、早期身柄解放と、今後不良グループから離脱し更生を図るため、少年事件恐喝罪に強い弁護士に相談しました。(フィクションです)

恐喝罪とは】

恐喝罪は、刑法第249条に定められ、法定刑は10年以下の懲役刑となっております。
恐喝罪の成立要件は、「相手方に対し、脅迫、又は暴行により相手方を怖がらせて財物を交付又は、財産上の利益を処分させること」とされています。
恐喝罪でよくある逮捕事例としては、いじめ等でお金をカツアゲする、知人に貸したお金を取り返すため等があります。
恐喝罪は、加害者側が「恐喝」と考えていても、暴行・脅迫の程度が強いと強盗罪に問われる可能性もありますので、注意が必要です。

少年事件逮捕されたら】

少年事件恐喝罪では、不良グループが既に恐喝罪逮捕されているケースもあります。
そのような場合、少年は報復や仲間をかばう気持ちから、捜査機関の取り調べに対し、自分の主張を貫くことに不安を覚えてしまう傾向にあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件による恐喝罪等の経験が豊富な弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、接見を通じて少年に対し、取り調べに対する適切なアドバイスや、被害者への謝罪、示談交渉を行い、早期身柄解放を目指します。
また少年事件で逮捕された場合、弁護士は、再犯防止のため、不良グループからの脱退等の環境調整等を行います。
この弁護活動は、少年の早期身柄解放のためだけでなく、少年が今後不良グループから抜け出し、将来のため更生を図る上でも大切な弁護活動となります。

少年事件の恐喝罪で家族が逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
小倉北警察署 初回接見費用:3万7800円)