Archive for the ‘盗撮・のぞき’ Category

刑事事件 盗撮・のぞき?で女子トイレ内に侵入で弁護士が接見   

2018-11-05

刑事事件 盗撮・のぞき?で女子トイレ内に侵入で弁護士が接見   

福岡市東区に住むAさんは,正当な理由がないのに,ホームセンターの女子トイレ内に入った建造物侵入罪福岡県東警察署に逮捕されました。刑事事件専門の弁護士がAさんと接見しました。
(フィクションです)

~ 建造物侵入罪と今後の捜査 ~

建造物侵入罪は,正当な理由がないのに,人の看守する建造物に侵入した場合に成立する犯罪です(刑法130条前段)。法定刑は3年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。
今後の捜査は主に,Aさんが何の目的で女子トイレに入ったかに焦点が当てられることと思います。まず一番に疑われることは,盗撮のぞき目的ですから,女子トイレの個室内に人がいた場合は,その人から詳しく話を聴く必要がありますし,のぞきのためトイレの壁等に指紋が残されていないかなども調べられます。また,盗撮については,スマートフォンが押収され,当該女子トイレに立ち入った際の盗撮画像・動画が残されていないかどうかが調べられることになります。

~ 建造物侵入罪の弁護活動 ~

弁護人としては,Aさんの早期釈放に努めます。勾留前であれば,検察官や裁判官に勾留しないように働きかけます。また,勾留後であっても勾留決定に対する不服申し立てを行って早期釈放に努めます。また,事実を認める場合は,建物の看守者や盗撮・のぞき被害者に被害弁償,示談の交渉を進めさせていただき不起訴処分獲得を目指します。他方,「緊急に用を足したかったため入った」などと事実を否認する場合は,それを裏付ける証拠の収集に努め,それを検察官に提出するなどして早期釈放不起訴処分獲得に努めます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件専門の法律事務所です。弊所では,突然の逮捕でお困りの方のために,土日・祝日を問わず24時間,弊所の初回接見サービスを受け付けております。依頼を受けた弁護士は速やかに逮捕された方と接見し,今後の弁護方針や事件の見通しなどをご説明させていただきます。
(福岡県東警察署までの初回接見費用:36,000円)

【お客様の声】盗撮 送致前に示談で解決 福岡の刑事事件弁護士

2018-10-23

【お客様の声】盗撮 送致前に示談で解決 福岡の刑事事件弁護士

■ 事件概要
  依頼者様が,駅のエスカレーターで,スマートフォンの動画撮影機能を利用して,被害女性のスカート内を盗撮したもの。
  被害女性が盗撮されたことに気づき,依頼者様はその場から逃走したが,第三者に取り押さえられ警察に通報されて発覚。
  
■ 弁護士コメント
  本件は,依頼者様が,6年前に盗撮で罰金刑の前科,5年前に同じ盗撮で不起訴(被害者と示談し起訴猶予)の前歴を持たれていた中, 検察庁へ送致前に被害女性様と示談することができ,送致自体を回避することができました。検察庁へ送致されると,検察官の取調べがあったり,刑事処分まである程度期間がかかったりと,日常生活に負担・不安がのしかかってきます。少しでも早く事件を解決したい場合は,早めの段階から弁護士に刑事弁護を依頼されることをお勧めします。

■ お客様の声

【お客様の声】盗撮スピード解決 示談で事件化回避した刑事弁護士

2018-10-12

【お客様の声】盗撮スピード解決 示談で事件化回避した刑事弁護士

私選弁護人の選任(刑事弁護士への依頼)は,何も警察が事件に介入した後とか逮捕された後にしなければならないという決まりはありません。いつでも選任,依頼は可能です。今回は,盗撮の事案で,契約成立後約1週間で被害女性と示談し,刑事事件化を回避できた案件をご紹介します。

■ 事件概要
 福岡市内のホテルで性的サービスを受けた際に盗撮したもの。
 依頼者様は,被害女性から「警察には相談したが被害届は提出しておらず,示談を条件に警察に被害届を出さない」と言われた。
■ 事件経過等
 弁護士は,依頼者様との契約成立日に,被害女性に謝罪と示談交渉をしたい旨の電話を入れ,示談金額,示談条項等を提示し示談合意。翌日,示談書を被害女性宛に郵送。その4日後に,被害女性から署名・押印入りの示談書返送される(示談締結)。翌日,示談書を警察署にFAX送信。弁護士が警察に電話したところ,警察から「示談内容等につき被害女性に確認し,問題がなければ刑事事件化しない」旨の回答を得る。結局,被害女性からの警察への被害届の提出はなかった(刑事事件化・逮捕回避)。
■ 弁護士コメント
 契約成立から事件解決(刑事事件化・逮捕回避)まで約1週間と迅速に対応することができました。

■ お客様の声

 

 

 

盗撮・のぞきで逮捕・無罪獲得なら 刑事事件につよい福岡県の弁護士

2018-10-02

盗撮・のぞきで逮捕・無罪獲得なら 刑事事件に強い福岡県の弁護士   

先月7日,福岡地方裁判所で,福岡市内の商業施設で,盗撮目的で女性のスカートの中に携帯電話を差し入れたとして福岡県迷惑防止条例違反に問われた男性に対し,無罪判決が言い渡されました。男性が問われた罪は何だったのか,なぜ無罪となったのか性犯罪刑事事件につよい弁護士が解説します。

~ 福岡県迷惑行為防止条例(以下,条例) ~

条例6条2項は,
何人も,公共の場所,公共の乗物その他の公衆の目に触れるような場所において,正当な理由がないのに,前項に規定する方法(人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法)で次に掲げる行為をしてはならない。
と定め,その2号
前号に掲げる行為をする目的(盗撮目的)で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること。
と定めています。
男性が問われた罪はこの条例6条2項2号違反でした。

~ なぜ無罪となったのか ~

福岡県警の内部資料によれば,「他人の身体に向ける」の「向ける」の意義につき,通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着(以下,下着等)を撮影できる方向や位置にレンズ部分を向ける行為をいうと解説されています。裁判でも,下着や衣類の中が映り込む現実的可能性のある態様で写真機等を向けることが必要と判示されたようです。よって,下着等の盗撮をしようと思ってスマホなどのカメラを近づけたものの,「下着等」を撮影できる方向や位置にレンズ部分を向ける前に盗撮をやめた,あるいは周囲の人に取り押さえられ盗撮をできなかったという場合は,少なくとも本号違反にはなりません。
本件では,実際の動画はあったものの,動画は手振れしていて下着が撮影されているかどうか認めることができず,動画によって,男性が下着等が映り込む現実的可能性のある行為をしたとは認めがたいとしました。
また,男性は捜査段階では事実を認めていたようですが,男性の自白と動画の内容とに食い違いがあり,男性の捜査段階での自白は信用できないとして男性を無罪としたのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮のぞき事件をはじめとする性犯罪刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮のぞき事件,その他の刑事事件での無罪主張をご検討中の方,その他でお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。

福岡市東区 看護学生が盗撮 欠格回避・示談なら盗撮に強い弁護士

2018-09-28

福岡市東区 看護学生が盗撮 欠格回避・示談なら盗撮に強い弁護士

看護学生であるAさんは,通学中の地下鉄内で盗撮したとして福岡県東警察署福岡県迷惑防止条例違反(条例6条2項1号違反)で逮捕されました。逮捕の知らせを受けたAさんのご両親は,Aさんが逮捕されたことからAさんは看護師になれないのではないかと心配になり,盗撮に強い弁護士刑事弁護を依頼しました。
(フィクションです)

~ 盗撮と看護師の欠格事由 ~

保険師,助産師,看護師,准看護師の免許,試験,業務等について定めた保険師助産師看護師法9条1号(欠格事由)には次の定めがあります。
  次の各号のいずれかに該当する者には,前二条による免許を与えないことがある
  1 罰金以上の刑に処せられた者
罰金以上の刑とは,罰金刑,禁錮刑,懲役刑,死刑のことを指し,処せられたとは裁判を受け,その裁判が確定したことを言います。逮捕中の場合はまだ裁判すら受けていない段階ですので,逮捕された事実のみをもって看護師等の免許を与えられないということはありません。
ところで,福岡県迷惑防止条例6条2項1号に関する罰則6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です(条例11条2項)。
一般的に,初犯の場合の量刑は罰金刑を選択されることが多く,金額は事案にもよりますが,おおむね20万円~40万円の範囲が多いようです。よって,Aさんが罰金刑を受け,その刑が確定するとAさんは「罰金以上の刑に処せられた者」として看護師の免許を受けられない可能性が出てきます。

では,このような事態を回避するにはどうすればよいでしょうか?
もちろん,裁判で事実関係を争い無罪判決を獲得することができれば刑罰を受けることは回避できます。しかし,事実関係に争いのない場合,この手法はあまりにも非現実的です。
むしろ,不起訴処分獲得を目指す方がより現実的と言えます。不起訴処分を処分を獲得するには,まずは何より被害者に謝罪し,示談交渉を始めて示談を締結することが何よりも大切です。示談締結により被害者の処罰感情が緩和されれば,不起訴処分獲得の可能性は高まると言えるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮事件をはじめとする刑事事件を起こし,失職,懲戒,欠格事由に関しお悩みの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。無料法律相談初回接見サービス24時間受け付けております。
福岡県東警察署までの初回接見費用:36,000円)

盗撮・のぞき事件で示談交渉なら刑事専門の弁護士 福岡県遠賀町

2018-09-17

盗撮・のぞき事件で示談交渉なら刑事専門の弁護士 福岡県遠賀町  

Aさんは,稼働先脱衣所において,あらかじめ動画撮影機能を起動させたスマートフォンを紙箱に仕込んで設置しておき,同僚Vさんが着替え中の同脱衣所内を撮影録画したという軽犯罪法違反の件で,福岡県折尾警察署から事情を聴かれることになっています。
それと同時に,Aさんは,Vさんの代理人弁護士から「示談金をして100万円を請求する。支払いがなければ,検察庁に厳重処分を求める旨の意見書を提出する」と言われています。
Aさんは,示談交渉等の対応を盗撮のぞき専門の弁護士に依頼しました。
(フィクションです)

~ 窃視(のぞき)の罪について ~

軽犯罪法違反1条23号では以下の者に対し拘留又は科料に処する旨規定しています。
 正当な理由がなくて人の住居,浴場,更衣場,便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者
なお,のぞき見るとは第一義的には肉眼で直接見ることを意味すると思いますが,設例と同様の事案でのぞき見るの意義に関し争われた裁判では,
・本条号の趣旨は,プライバシーないし私生活の平穏を視覚的な侵害から保護することにあること
・プライバシー侵害の本質は,カメラ等の録画撮影機能により獲得された画像が,被害者の知らない間に,他人の支配内に取り込まれることにあるから,本条号所定の場所を視認し得る場所に撮影機能のある機器をひそかに置いて当該場所を撮影録画する行為(当該行為)は「のぞき見行為」の中核的部分を既に実現していること
から,当該行為は「のぞき見た」に当たる旨判示した裁判例があります(福岡高裁平成27年4月15日判決)。

~ 示談交渉 ~

示談交渉については,弁護士,しかも盗撮のぞき専門の弁護士に任せた方が賢明です。
ご自分で示談交渉しようとしても,被害者は連絡先すら教えてくれません(仮に知っていたとしても交渉には応じてくれません)。また,相手方に弁護士が付いている場合は,相手の意のままに示談交渉を運ばれる可能性があります。
示談交渉が難航すれば,あなたの刑事処分にも影響が出てきて,結果として刑事処罰を受けなければならなくなり,前科も付きます。

盗撮のぞき事件でこうした事態を回避したい方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご用命ください。
福岡県折尾警察署までの初回接見費用:40,500円)

【福岡市博多区での盗撮】対応は盗撮・のぞきに強い刑事弁護士へ!

2018-09-16

【福岡市博多区での盗撮】対応は盗撮・のぞきに強い刑事弁護士へ! 

博多区内の高校に通う少年A君(18歳)は,次の体育の授業で,教室が女子生徒の更衣室代わりに使用されることを知り,女子生徒の裸などを盗撮する目的で,教室の一角に,盗撮用の小型カメラを設置しました。
ところが,女子生徒の一人がこれを発見し,担任の先生に相談。学校から福岡県博多警察署に通報されました。
後日,カメラ内の映像や小型カメラの購入履歴などからA君の犯行であることが発覚し,A君は福岡県迷惑行為防止条例(以下,条例)違反で逮捕されました。
(フィクションです)

~ 公共の場所・乗物以外での盗撮行為 ~

盗撮といえば,デパートや駅などの公共の場所,電話やバスなどの公共の乗物をイメージされる方も多いと思われますが,条例6条2項では「その他公衆の目に触れるような場所」での盗撮行為も処罰の対象としていることから注意が必要です。
公衆の目に触れるような場所とは,例えば,学校の教室,会社事務室,更衣室,貸切バスなどが挙げられます。
また,6条2項1号では,
・通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見ること,写真機等を用いて撮影すること
6条2項2号では
・1号に掲げる行為をする目的で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること
を禁止しています。
1号のぞき見るとは肉眼で直接見ることをいいますから,盗撮と言われる行為は6条2項に関していえば,1号後段,もしくは2号に該当する行為をいうものと思われます。
A君の行為は2号に該当する可能性が高いです。

盗撮のぞき弁護活動として考えられるのは,示談交渉です。
しかし,本件は,盗撮場所が少年が通う学校の教室内ということ,盗撮相手が不特定多数の女子生徒に及んでいる可能性があることなどから,示談交渉ができない,又はそぐわない事案かもしれません。
しかし,こうした場合でも,盗撮のぞきに強い弊所の弁護士は,被害者一人一人に謝罪する,反省文を書くなど示談交渉に代わる手段を考え,最適な結果に導けるよう尽力いたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮のぞき事件をはじめとする刑事事件少年事件専門の法律事務所です。
盗撮のぞき事件,その他の刑事事件少年事件でお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
無料法律相談初回接見サービス等を24時間受け付けております。
福岡県博多警察署までの初回接見い費用:34,300円)

【福岡県久留米市 盗撮】釈放なら盗撮・のぞきに強い弁護士へ! 

2018-09-03

【福岡県久留米市 盗撮】釈放なら盗撮・のぞきに強い弁護士へ! 

Aさんは,JR久留米駅のエレベーターで盗撮したとして福岡県久留米警察署の警察官に現行犯逮捕されました。
警察官は,数日前から,Aさんの盗撮行為を認知し現場に張り込んでいたようです。
Aさんの妻は,早期釈放を願って盗撮事件,刑事事件に強い弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 逮捕後の流れ釈放活動 ~

① 逮捕から検察官への送致まで
逮捕されると警察の留置場に収容されます。
この間,ご家族の面会はできないと考えた方がよいです。
他方,弁護士は,いつでも逮捕された方と面会(接見)できます。
また,この段階で,警察に対し被疑者を釈放するよう働きかけることができます。
しかし,それでも検察官へ身柄を送致されることがあります。

② 検察官送致から勾留請求まで
検察官へ身柄を送致される手続がとられると,被疑者は検察庁へ連れていかれることになります。
そして,検察庁で,検察官の弁解録取をいう手続きを受けます。
検察官が勾留が必要だと判断して勾留請求した場合は,その日,あるいは翌日に,今度は裁判所で裁判官による勾留質問の手続を受けます。
なお,ここでも,弁護士は検察庁においても被疑者と面会(接見)することができますし,検察官に対し,被疑者を釈放するよう働きかけることができます。

③ 勾留質問から勾留まで
検察官が勾留請求した場合,裁判官の勾留質問の手続に移行します。
検察官の弁解録取の手続を受けた日に勾留質問がある場合は,被疑者は検察庁から直接裁判所へ連れていかれることになると思います。
他方,翌日に勾留質問がある場合は,いったん検察庁から留置場に戻り,翌日裁判所へ連れていかれることになります。
弁護人は,この段階でも,裁判官に対して被疑者を釈放するよう働きかけることができます。
また,仮に,勾留決定が出た場合でも,勾留裁判に対する不服申立てをすることによって,被疑者の釈放を求めることができます。

このように釈放活動は様々な段階で可能です。
早めにご依頼されることで,何段階もの釈放活動が可能となります。盗撮事件等で逮捕され,早期釈放をお望みの場合は,盗撮事件刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお電話ください。
福岡県久留米警察署までの初回接見費用:40,700円)

【福岡市中央区 盗撮事件】釈放に向けて示談する刑事事件弁護士

2018-08-10

福岡市中央区 盗撮事件 釈放に向けて示談する刑事事件弁護士

会社員Aさんは,福岡市中央区にある商業施設のエスカレーターで,目の前に立っていたVさんのスカートの下に持っていたスマートフォンを差し入れ,Vさんの下着等を撮影(盗撮)しました。
Aさんは,その行動を,施設の管理者から連絡を受け駆け付けた福岡県中央警察署の警察官に現認され,警察官に福岡県迷惑行為防止条例違反で現行犯逮捕され(その後勾留)ました。
Aさんの家族は,弁護士にAさんの釈放を依頼しました。
(フィクションです)

~ 勾留後の釈放手段 ~

Aさんの盗撮行為は,福岡県迷惑行為防止条例6条2項2号に該当するおそれがあります。
罰則6月以下の懲役又は50万円以下の罰金条例11条2項です。

ところで,勾留後の釈放手段には大きく分けて2つあります。
一つは勾留の裁判に対する「準抗告(不服申し立て)」と,勾留の決定を取消すという「勾留取消し請求」です。
どちらも,その主張が認められれば,勾留された方を釈放できるという点では同じですが,前者が違法な勾留決定を前提としているのに対し,後者はこれを適法であることを前提としている点で大きくことなります。

つまり,勾留取消し請求は,勾留自体は適法であるものの,その後に事情の変化が起き,勾留の理由・必要がなくなった場合に請求できるのです。
そして,事情の変化としてもっとも大きいのは,被害者側との示談ではないでしょうか。
仮に,被害者側と示談を成立させることができ,被害者の処罰感情が緩和されれば,被疑者が逃亡したり,盗撮に関する罪証隠滅行為を働くおそれはなくなり,勾留取消し請求において,勾留する理由も必要もないと主張しやすくなります。

勾留取消し請求は,準抗告に比べて数は少ないと言われていますが,それでも法律上認められている手段ですので検討の余地は十分にあります。
いずれにしても,早め早めに弁護士に依頼し,示談交渉など釈放に向けた弁護活動を始める必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮事件,その他の刑事事件を起こし早期釈放をお望みの方は弊所の0120-631-881までお気軽にお電話ください。
初回接見サービス等を24時間受け付けております。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

【福岡市博多区 盗撮事件】 逮捕を秘密に~刑事事件専門の弁護士

2018-07-29

福岡市博多区 盗撮事件  逮捕を秘密に~刑事事件専門の弁護士

会社員のAさんは,福岡市博多区内の電車内で,持っていたスマートフォンでVさんの下着を撮影(盗撮)しました。
すると,Aさんはシャッター音に気付いた他の乗客に咎められ,駅員に引き渡された後,通報を受け駆け付けた博多警察署の警察官に逮捕されました。
逮捕の通知を受けたAさんの妻は,子供や生活のことを考えると,会社の解雇だけは絶対免れたいと思っており,何とか逮捕されたことを会社に秘密にできないか盗撮事件刑事事件専門の弁護士接見刑事弁護を依頼しました。
(フィクションです)

~ 逮捕・事件のことを秘密にしたい ~

盗撮事件での報道を耳にする方は多いと思います。
盗撮事件が報道されれば,たちまち盗撮の事実は周囲に知れ渡ります。
また,近年はネット社会ですから,報道のツールはテレビや新聞,雑誌に限らず,ネット,SNS,掲示板等のインターネットの社会まで広がっています。
特に,インターネットの社会に一度盗撮の情報が載ると,それを削除するのは困難と思われます。

また,逮捕されれば当然のごとく日常生活を送ることができなくなります。
会社員の方が逮捕された場合,数日間の休みであれば病気などを理由にごまかすことは可能でしょうが,休みが長期化すると会社から不審に思われ,会社から家族に連絡がいき盗撮事件が発覚するのです。

このような事態を避けるには,弁護士による①早期の身柄解放活動②報道機関等への働きかけ等の刑事弁護が必要となります。

一家の大黒柱が逮捕された場合,将来の刑事処分もさることながら,ご家族の生活に与える影響をご心配なさる方が多くおられます。
確かに,本人がやったことが事実ならばきちんとした刑事処分を受けるべきですが,それによってご家族の将来まで奪ってしまうのはあまりにも不合理です。
盗撮事件のことを誰にも知られたくない会社の解雇を避けたい家族の生活を守りたいないなどご不安,ご心配は様々でしょう。そのようなご不安,ご心配を少しでも解消するなら,早めに,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
盗撮事件刑事事件に強い弁護士あなたの味方になって刑事弁護いたします。
博多警察署までの初回接見費用:34,300円)

« Older Entries