無実・無罪を証明してほしい

日本における刑事裁判の有罪率は99.9パーセントと言われています。

これは、刑事裁判にかける段階、すなわち、検察官が起訴するまでに捜査機関が証拠収集を十分に行い、有罪となるものを起訴しているからだと言われています。

しかしながら、他方で、無実の人を起訴してしまい、有罪判決を下してしまうという事例も見受けられます。

ここでは、無実・無罪を証明する方法について、説明します。

 

1. 冤罪事件

無実であるのに犯罪者として扱われてしまうことを「冤罪」といいます。

冤罪の大きな原因は、警察官等から威圧的な取調べや、連日連夜の厳しい取調べに根負けしてしまい自白してしまうことに多いです。

確かに、自白だけで有罪になることはありませんが、自白が重要な証拠であることには変わりありません。

そこには、やってもいないことを自らやったという者はいないだろうという発想があるからです。

しかも、一度してしまった自白を後々になって争うことは非常に困難です。

取調べに弁護士が立ち会うことは認められておらず、一方、裁判の場では自白が違法な取り調べによってなされたものであるということを証明する事実や証拠がほとんどないからです。

このように、違法な取り調べ等によって得られた自白は、刑事裁判で有罪や量刑を決める証拠とされてしまいます。

そこで、虚偽の自白をしないためにも、早期の段階から弁護士をつけてしっかりと取調べに対応していくことが必要です。

被疑者の方には「弁護人選任権」「接見交通権」「黙秘権」「署名押印拒絶権」「調書の増減変更申立権」等、様々な権利が保障されています。

これらの権利の具体的な行使の仕方や方法を弁護士からアドバイスを受けることは、冤罪防止のためには非常に重要であるといえます。

刑事事件はスピードが命です。できるだけ、早期の段階から弁護士のアドバイスを受けて適切な取調対応をとることが後の処分に大きく影響します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所福岡支部では、冤罪を防止すべく、弁護士が即日接見に駆けつける体制を整えております。

身に覚えのない罪でお困りの方は、刑事事件・少年事件を専門に扱う当弁護士法人にご連絡ください。

 

2.冤罪を撲滅するためには!

(1)取調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ

「黙秘権」「署名押印拒絶権」「調書の増減変更申立権」等の被疑者・被告人に保障された権利を適切に行使することが冤罪防止のために役立ちます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所福岡支部では、初回接見や無料相談をしていただいた場合、有利・不利な事情の選別と今後の見通しを伝えた上で、取調べにどのように対応したらよいかの具体的な法的アドバイスをしていきます。

 

(2)違法・不当な取調べを阻止して冤罪を防ぐ

違法・不当な取調べとは下記のようなものをいいます。

・朝から夜までずっと取調べを行っている

・暴力的、脅迫的な態度で取調べを行っている

・仲間は自白していないのに「お前の仲間が自白した(共犯者が自白した)」や証拠は何も見つかっていないのに「犯罪を証明する決定的な証拠が見つかっている」などと取調官が嘘を言って自白をするように誘導してくる

・自白すれば逮捕しない、不起訴になる、執行猶予になるなどと述べ自白を誘導してくる

以上のような取調べが行われた場合、絶対に嘘偽りの自白はせず、すぐに弁護士を呼んでください。

適切なアドバイスとともに捜査側や裁判所に対して適切な対処をいたします。

例えば、抗議文の提出、身体拘束解放活動に向けて活動、検察官に取調べの全過程の録音・録画を申入れたります(録音・録画により違法・不当な取調べが抑止されることにつながります)。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所福岡支部では、違法な取調べにより虚偽の自白をしてしまうことを防止すべく、弁護士が即日接見に駆けつける体制を整えております。

 

(3)違法・不当な取調べがあったこと(自白は虚偽であること)を裁判所で主張して冤罪を防ぐ

仮に虚偽の自白をしてしまっても、このような取調べによって得られた自白は、任意にされた自白ではないため証拠として採用されない可能性があります。

法律上、任意性に疑いがある自白は証拠としては採用されないこととなっています。

そして、違法な取調べによって得られた自白調書は任意性に疑いがある証拠として、自白調書排除への判断につながります。

ただし、ハードルが非常に高いです。

ですから、できるだけ早期の段階から弁護士のアドバイスを受け不利な調書を作成されないようにする必要があります。

 

(4)有利な証拠を探して冤罪を防ぐ

アリバイ証拠などの容疑者に有利な証拠を発見し、無実・無罪を主張する方法があります。

証拠を収集することは想像以上に困難であり、弁護士の協力を仰ぐことは有効です。

無罪・無実を証明してほしい方、冤罪を主張したい方は、取調べ対応について不安に思われている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所福岡支部へご相談ください。

刑事事件を専門に取り扱う弁護士が、直接「無料相談」を行います。

被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る