川崎町における大麻取締法違反事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-08-14

川崎町における大麻取締法違反事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

川崎町に居住する大学生のAさんは,自宅アパートで大麻を吸引していたところ,突然,田川警察署の警察官が訪れ,捜索差押許可状を呈示され,自宅アパートの捜索が実施されました。
捜索の結果,Aさんが居住するアパート内から大麻のようなものが発見され,その場における簡易検査の結果,大麻であることが認められたことから,Aさんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
田川警察署から逮捕の知らせを受けたAさんの家族は,今後どのようにすればよいか分からなかったことから,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【大麻使用の身体影響などについて】

大麻取締法では,無免許・無許可で大麻を輸出したり,大麻所持するなどの行為を禁止しています。
なぜなら,大麻などの違法薬物を身体に摂取させると,学習障害が起きたり,知覚機能に障害を起こしたり,身体への影響があります。
大麻取締法違反などの薬物事件では,直接的な被害者はいませんが,大麻などの薬物を使用して自動車を運転し,その結果重大な事故を起こしたり,大麻などの薬物欲しさに他の犯罪行為を行ってしまうなど,様々な影響を及ぼします。
また,世間一般的に,大麻などの違法薬物には依存性があり,再犯率も高いと言われているのが実情です。
そのため,大麻などの違法薬物を一度使用してしまうと,自分の意思でやめることができず,結果,大麻などの違法薬物を繰り返し使用することになってしまいます。

【再犯防止について】

大麻取締法違反などの薬物事件で逮捕された場合,勾留され,その後,起訴される可能性が高いです。
そのため,刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼し,身柄の早期釈放や,起訴されたとしても,刑を軽くするための弁護活動が重要になります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,大麻取締法違反などの刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、大麻取締法違反の事実に争いがない場合,接見を通じて本人と話し合い,反省の機会を与え,再犯防止策として薬物依存症治療の専門病院への通院をご家族とともに検討するなどの弁護活動を行います。
このような再犯防止策を講じる弁護活動は,処分を軽くするためだけでなく,本人や再犯防止を願う家族のためにも大切な活動となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,大麻取締法違反などの刑事事件専門の弁護士が所属しておりますので、再犯防止を望むご家族に寄り添い,親身になって対応致します。
大麻取締法違反などの刑事事件でご家族が逮捕されるなどしてお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(初回法律相談:無料)

ページの上部へ戻る