【小郡市における児童買春事件】~刑事事件に強い弁護士に依頼!

2017-08-13

【小郡市における児童買春事件】~刑事事件に強い弁護士に依頼!

小郡市に住む会社員のAさんは,出会い系サイトで知り合った女性Vさんに対価を払い性的な関係を持ちました。
後日,Aさんは,未成年の女子生徒であるVさんを買春したとして,小郡警察署の警察官によって児童買春の容疑で逮捕されました。
警察での取調べにおいて,Aさんは,Vさんから19歳であると聞いており,18歳未満であるとは知らなかったと主張しています。
Aさんは,自分の主張を通したいと思い,警察を通じて家族に連絡を取ってもらい,刑事事件に強い弁護士を頼んでもらいました。
(この事案はフィクションです)

【児童買春】
児童買春は,「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰に関する法律」によって規制がなされています。
この法律の第4条に「児童買春をした者は、5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処する」旨規定されています。
また,犯罪行為が児童買春に当たらなかった場合,つまり,性交について金銭の授受がない場合であっても,18歳未満の者に対しみだらな性行為又はわいせつな行為を規制する福岡県青少年健全育成条例で処罰を受ける可能性もあります。

【児童買春の事実を否認】
児童買春という犯罪が成立するにあたっては,一般的に「故意」が必要になります。
ここでいう「故意」とは,「相手の女性が18歳未満であるとは知らなかった」ということが認定されるかどうかという問題があります。
しかし,現在の実務においては,女性が18歳未満の可能性があったにもかかわらず,十分な確認を怠った場合,事実を知っていたと同視できるとして,故意、つまり、18歳未満であることを知っていたと認定される場合が多いです。
児童買春における故意の認定については,一般論ではなく,個々の事件の状況などに基づいて慎重に判断する必要があるため,刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,児童買春などの性犯罪を取り扱った経験豊富な弁護士が多数在籍していますので,ご安心していただけます。
小郡市での児童買春逮捕されたり,お悩みの方は,弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。

(小郡警察署への初回接見費用:3万9,300円)

ページの上部へ戻る