大川市における覚せい剤所持事件で逮捕!~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-08-12

大川市における覚せい剤所持事件で逮捕!~刑事事件に強い弁護士に相談

大川市に住むAさんは,知人からもらった覚せい剤をカバンに入れて自転車で帰宅中,警ら中の筑後警察署の警察官に呼び止められ,職務質問を受けることになりました。
しかし,職務質問を受けていたAさんの態度に違和感を感じた警察官は,Aさんに対し所持品検査を求めたところ,覚せい剤所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
筑後警察署から逮捕の連絡を受けたAさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

覚せい剤取締法違反(所持)】
覚せい剤の単純な所持行為は,10年以下の懲役に処すると刑罰が定められています。
これまでの裁判では,覚せい剤所持行為については,直接手に触れていなくても,社会通念上本人の実力支配,管理の及ぶ範囲に保管していれば,所持とみなされるようです。
また,覚せい剤を他人に知られないよう隠匿している場合についても,所持行為と考えられているのが実情です。

覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたら】
覚せい剤所持行為が警察に発覚した場合,逮捕勾留されることはもちろんのこと,場合によっては,接見禁止となることがあります。
覚せい剤所持行為について争いがない場合,身柄の早期解放や軽い処分を求めるには,裁判官に対し,罪を認め真摯に反省しているということを主張することが重要になります。
また,特に覚せい剤所持逮捕された場合は,再犯防止策や更生できる環境が整っていることも重要な判断材料の一つとなります。

そのため、覚せい剤所持事件で逮捕された場合,刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,覚せい剤所持事件などの刑事事件に強い弁護士が所属しています。
ご家族や知人が覚せい剤所持事件で逮捕され,ご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで,まずは無料相談をお申込み下さい。

(筑後警察署への初回接見費用:4万1,700円)

ページの上部へ戻る