篠栗町における覚せい剤所持事件で介護福祉士を逮捕 ~刑事事件専門の弁護士に相談~

2017-10-06

篠栗町における覚せい剤所持事件で介護福祉士を逮捕 ~刑事事件専門の弁護士に相談~

福岡県糟屋郡篠栗町に住む介護福祉士のAさんは,仕事の疲れを取るために,悪いことだと認識しているにも関わらず,覚せい剤を使い続けていました。ある日,Aさんは,自宅へと帰っている途中,警ら中の警察人に呼び止められ,そのまま職務質問を受けることになりました。すると,その職務質問の際,Aさんの様子の異変に気付いた警察官が,所持品検査を求め,当該検査を実施したところ,Aさんが持っていたバッグの中からポリ袋入りの白色結晶が見つかってしまいました。警察官は,その場で,ポリ袋入り白色結晶の検査を行い,覚せい剤の反応が出たことから,Aさんは,覚せい剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕され,福岡県粕屋警察署に連れていかれました。逮捕の連絡を受けたAさんの家族は,Aさんことが心配になり,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

《 覚せい剤取締法 》

覚せい剤取締法において,単純に(自己使用目的,非営利)で,覚せい剤を所持したり,使用した場合は,10年以下の懲役に処せられます。しかし,営利目的で覚せい剤を所持したり,使用した場合は,1年以上の有機懲役及び500万円以下の罰金(情状により)に処せられます。覚せい剤事件における量刑ですが,営利目的で覚せい剤を所持したり,使用した場合は,そのほとんどが実刑判決を受けることになると思います。
また,単純(自己使用目的,非営利)に,覚せい剤を所持したり,使用した場合,初犯であれば,執行猶予付きの有罪判決を受けることが多いです。

《 覚せい剤取締法違反事件の量刑について 》
一般的に,覚せい剤取締法違反(所持又は使用)で起訴された際の量刑は,初犯の場合は,執行猶予付きの有罪判決を受けるにとどまりますが,再犯の場合,執行猶予付きの判決を受けることができず,そのほとんどが実刑判決を受けて刑務所に服役することになってしまいます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,覚せい剤をはじめとする薬物事件など刑事事件専門の法律事務所であり,経験弁護士が多数在籍しております。そのため,覚せい剤取締法違反事件でお悩みの方は,まずは,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務豊富な所まで,お気軽にご相談ください。

(法律相談:初回無料
(福岡県粕屋警察署への初回接見費用 3万7,200円)

ページの上部へ戻る