福岡県福岡市東区の盗撮事件に強い弁護士 即時対応で不起訴を獲得!

2017-05-21

福岡県福岡市東区の盗撮事件に強い弁護士 即時対応で不起訴を獲得

福岡県福岡市東区に住むAさんは、盗撮の容疑で東警察署逮捕されました。
Aさんの逮捕被疑事実は、通勤の駅のエスカレーターで女性Vのスカート内を盗撮したというものです。
Aさんの妻Bは、Aの仕事が解雇されるのを防ぎたく思い、不起訴になってほしいと望んでいます。
そこで、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

盗撮事件】
上記Aさんは、盗撮の容疑で逮捕されています。
公共の場所で盗撮行為を行った場合、各都道府県の条例違反となる可能性が高いと言えます。
例えば、福岡県であれば、下着などを盗撮した場合、福岡県迷惑行為防止条例違反となります。
盗撮をした場合の、法定刑は「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。
もっとも、常習的に盗撮行為を行っていた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられることがあります。

不起訴
常習性がなく初犯の盗撮事件のような場合、そして、被疑者が反省しているような場合には、いきなり懲役刑となることは少なく、罰金が科せられることが比較的多いと言えます。
しかし、罰金だとしても、刑罰が科されていることに違いはありませんから、「前科」がつくことになります。
各会社の就業規則や内規にもよりますが、「前科」があることが解雇事由となっている場合には、会社が解雇されてしまう可能性があります。
そうなれば、収入がなくなってしまい、生活が困窮してしまうかもしれません。
逮捕されてから、罰金の刑罰が科されること(前科がつくこと)を避けようと思った場合、不起訴処分を目指す必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の事務所であり、刑事事件のみを取り扱ってきた結果、昨年度は220件を超える不起訴・無罪を獲得してきました。
この件数は年々増加して行っています。

福岡県福岡市東区盗撮事件で逮捕され、不起訴を考えておられる方は、一度、刑事事件の専門家が集まる弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談してみてはいかがでしょうか。
東警察署 初回接見費用:3万6000円)

ページの上部へ戻る