北九州市戸畑区の痴漢事件 在宅事件だからこそ弁護士に相談

2017-12-24

北九州市戸畑区の痴漢事件 在宅事件だからこそ弁護士に相談

40代男性のAさんは、通勤の車内において痴漢行為を行ったとして、福岡県警察戸畑警察署の警察官に福岡県迷惑行為防止条例違反逮捕されてしまいました。
数時間の取り調べを受けたのち、その日中にAさんは釈放され、その後は在宅事件として扱われることとなりました。
そこで、Aさんは今後の対応を考えるために、刑事事件に強い弁護士無料法律相談をすることにしました。
(フィクションです。)

~在宅事件とは~

在宅事件とは、被疑者の身柄が留置施設などに拘束されることなく、普段通りの日常生活を送りながら、警察の捜査が進められる事件のことをいいます。
上記事例のAさんのように、痴漢行為で県の迷惑防止条例違反で逮捕されてしまった場合においても、Aさんに逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがないと判断された場合は、警察で数時間、取調べを受けたのち釈放されるということも少なくありません。
しかし、警察から釈放されたからといって、事件が終わったわけではありませんので、釈放されたらすぐに、弁護士に相談・依頼をすることをおすすめします。

在宅事件となってからは、警察での取調べ等に応じるために、警察からの出頭要請を待つこととなります。
出頭要請の連絡がきたら、指定日時に警察署に出向いて捜査を受けることになります。
ただし、事件内容によっては、出頭要請が1回だけでは終わらず、複数回呼ばれることも考えられます。
早い段階で弁護士に相談・依頼をしておくことで、警察からの呼出しがあるごとに、取調べ対応を事前に弁護士と相談して臨むことができます。
在宅事件は、身柄拘束されている事件とは異なり、時間的な制約がありません。
弁護士ときちんと相談をし、弁護方針をしっかり固め、事件が大きくなってしまう前に解決していくことが大切になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢事件などを扱う刑事事件専門の法律事務所です。
痴漢の容疑で捜査されお困りの方、在宅事件の対応でお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(福岡県警察戸畑警察署への初見接見費用:40,040円)

ページの上部へ戻る