福岡県豊前市の盗撮事件で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士

2017-12-27

福岡県豊前市の盗撮事件で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士

30代男性のAさんは、福岡県豊前市内の宿泊施設の女子シャワー室に盗撮目的でビデオカメラを設置したとして、福岡県迷惑行為防止条例違反の容疑で、福岡県警察豊前警察署逮捕されました。
取調べを受け、帰宅を許されたAさんは、今後起訴されてしまうか不安になったため、刑事事件専門の法律事務所に相談することにしまいた。
(10月25日の産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~不起訴処分獲得のために~

上記事例のAさんは、盗撮行為で福岡県迷惑行為防止条例違反の容疑で逮捕されてしまっています。
逮捕ののち、勾留されることは免れたものの、検察官の判断によって「起訴」されてしまうと、盗撮事件の場合、前科などがなく犯行態様が悪質でないような場合には、略式起訴処分で罰金刑が科されることがあります。
そうなってしまうと、「前科」が付いてしまいます。

ではどのように「前科」を回避したらいいのでしょうか。

考えられる手立てとしては、「不起訴処分」を目指すことが望ましいでしょう。
不起訴処分」とは、起訴・不起訴を判断する検察官が公訴を提起しない処分のことをいいます。
不起訴処分が付されると、その事件についての刑事手続きはそこで終了することとなりますので、その後、裁判所での審理がされることもありません。
また、前科がつくこともなく、日常生活に戻ることができます。
盗撮したことを認めているような場合には、不起訴処分の中でも「起訴猶予」を目指すことが考えられます。
「起訴猶予」とは、被疑者であり犯罪事実が十分認定できるが、被疑者の性格や年齢、犯罪の軽重、被疑者の反省、被害者が許していることなどを考慮して検察官が起訴しないとことをいいます。
ですので、事件について素直に認め、被害者の方へ謝罪の意思を伝え、弁護士を通して被害者の方と交渉してもらうことで、被害者に許してもらうことが重要となってきます。
そのためにも、早い段階で刑事事件に強い弁護士に相談・依頼しておくことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、盗撮事件などを扱う刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮をして福岡県迷惑行為防止条例違反の容疑で捜査されお困りの方、不起訴処分を獲得したいとお考えの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(福岡県警察豊前警察署への初見接見費用:46,040円)

ページの上部へ戻る