北九州市八幡西区の痴漢冤罪事件で逮捕 早期の身柄解放には弁護士

2017-12-21

北九州市八幡西区の痴漢冤罪事件で逮捕 早期の身柄解放には弁護士

50代男性のAさんは、北九州市内を走る電車に乗っての通勤途中、突然、Aさんの前に立っていた女性に「この人痴漢です!」と言われて、次の駅で降ろされてしました。
駆けつけた駅員もAさんの言い分を一切なく聞き入れてはくれず、駅員室のところまで連れていき、福岡県警察八幡西警察署の警察官にAさんの身柄を引き渡しました。
Aさんは、取調べの際に一貫して「身に覚えはない」と事件を否認していたため、身柄拘束を受けることになってしまいました。
(フィクションです。)

~痴漢の冤罪事件~

痴漢事件は、上記事例のAさんのように被疑者本人が事実を否認している場合でも、被害者女性の供述に基づき、逮捕勾留・起訴されてしまう可能性が高い事件です。
痴漢事件の容疑をかけられた男性が、自身の潔白、無実であることの証明を自身で行うことは、非常に困難といわれています。

もし痴漢の容疑で逮捕されてしまうと、痴漢行為を否認している場合には、罪証隠滅・逃亡のおそれがあるとされ、身柄拘束が長期化し、逮捕は最大3日間、勾留は最大20日間で、合わせて最大23日間の身体拘束を受けるおそれがあります。
23日間もの長期間の身体拘束を受けてしまうと、家族や学校、会社等に事件をバレないようにするには大変難しいです。
特に公務員や有名企業の社員の場合だと、逮捕されただけで大きく報道されてしまうこともあります。
そうなってしまうと、たとえ身に覚えのない冤罪事件であったとしても、「痴漢事件の容疑者」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。
まずは、そういった不利益を回避するためにも早い段階で弁護士に依頼をし、早期の身柄解放に動いてもらうことをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、痴漢冤罪事件での早期身柄解放をはじめ、報道等への対策等を行っています。

弁護士あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり、痴漢事件についての刑事弁護活動も多数承っています。
冤罪事件逮捕されてお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回相談:無料。福岡県警察八幡西警察署への初見接見費用:4万1,840円)

ページの上部へ戻る