福岡市博多区での痴漢事件 実名報道回避なら刑事専門の弁護士へ

2018-06-04

福岡市博多区での痴漢事件 実名報道回避なら刑事専門の弁護士へ

Aさんは福岡市博多区内を走行中の電車内で,女性Vのお尻を触るなどしたため,目撃した男性により現行犯逮捕されました。
その後,Aさんの身柄は福岡県博多警察署に引き渡されました。
Aさんの家族は,報道(特に実名報道)を避けたいことから,痴漢事件に強い弁護士初回接見を依頼しました。
(フィクションです)

~痴漢事件における報道回避~

このサイトをご覧になっている方の中にも,テレビなどで「誰々が痴漢をして逮捕された」などという痴漢事件の報道を耳した方がおられると思います。

報道されればその人が有罪か無罪かに関係なく,「逮捕された事実」自体が大きくクローズアップされます。
この「有罪か無罪かに関係なく」というところがポイントで,逮捕段階ではまだ犯人を有罪と決めつけることはできないのに,世間一般の人は,逮捕=有罪(その人が犯人)だとの印象を抱く傾向にあります。

報道されれば,会社や学校などに事実が知れ渡り,社会人の方であれば解雇,学生の方であれば退学などの処分を受けるリスクが高まります。
また,インターネット等の情報化社会の今日,ネットなどに実名でニュースが記載され,あっという間に情報は拡散し,将来,それを削除することも困難になります。

他方,残念ながら一部の事件を除いては,逮捕後の犯人の状況などについてはほとんど報道されることはありません。
ですから,犯人がはたして逮捕された事実を行ったのか,無実であったのかが不明確なまま,逮捕された事実のみが先行して世間に広まる可能性があるのです。

このような実名報道による不利益を回避するためには,すぐに弁護士に相談することをお勧めします。
依頼を受けた弁護士は,すぐに,警察や報道機関に対し報道による被る不利益などを主張し,名前や逮捕された事実を報道しないよう働きかけます。
また,ご家族様などに職場や学校などへの対応のアドバイスも致します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,福岡県迷惑行為防止条例違反事件等の刑事事件を専門に取り扱う法律事務所です。
ご家族,ご友人が痴漢事件逮捕されたお困りの方は,フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
初回接見サービス等を24時間いつでも受け付けています。
福岡県博多警察署までの初回接見費用 34,300円)

ページの上部へ戻る