【少年】盗みに入り現金を盗んで逮捕! 不処分獲得には弁護士 北九州市戸畑区

2018-06-03

【少年】盗みに入り現金を盗んで逮捕! 不処分獲得には弁護士 北九州市戸畑区 

A君とB君(17歳)は,遊び金欲しさに,留守中の他人の家に土足で入り,テーブルの上に置いてあった現金3万円入りのVさんの財布1個を盗みました。
しかし,二人は,戸畑警察署住居侵入窃盗罪逮捕されました。
その後,二人の身柄は少年鑑別所に移され,警察,検察庁での捜査を経て,事件は家庭裁判所に送致されました。
家庭裁判所では,両名の少年審判を開始する決定が出されました。
(フィクションです)

~不処分を獲得するために~

不処分とは,家庭裁判所における調査の結果,①保護処分に付することができない場合や②保護処分に付するまでの必要がない場合において,少年審判保護処分に付さない旨の決定のことをいいます。
ちなみに,保護処分には,保護観察,少年院送致,児童自立支援施設または児童養護施設送致があります。

①とは,非行事実の存在が認められない場合などが当たります。
②とは,審判までに少年が更生し,要保護性がなくなった場合や試験観察期間中の少年の生活態度からさらに保護処分を行う必要がなくなった場合などが当たります。

少年審判において不処分となる多くの場合が,②の場合です。
付添人としては,少年審判不処分を獲得するために,審判までに少年に対して教育的な働きかけを行って、少年の事件に対する反省を深めさせたり,再犯防止のため環境整備を行っていく必要があります。
これらの活動を適切に行うには,少年事件に慣れている弁護士の力が必要です。

付添人
平たく言えば,事件が家庭裁判所に送致された後に,少年の味方になってくれる人です。
本件では,捜査段階(家庭裁判所送致前)で,私選の弁護人を選ばない限り国選の弁護人が付いていると思われますが,家庭裁判所送致後はその選任の効力が失われるため,家庭裁判所送致後は,改めて付添人(弁護士など)を選任しなければなりません。
引き続き,捜査段階での弁護人に付添人をお願いするか否かは,その弁護人とも協議するなどして判断された方がよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件を専門に取り扱っている法律事務所です
少年事件でお困りの方は,フリーダイヤル0120-631-881までお電話お待ちしてます。
戸畑警察署への初回接見費用:40,040円)

ページの上部へ戻る