【福岡市早良区 痴漢事件】刑事事件の弁護士が勾留を回避し釈放

2017-05-18

福岡市早良区 痴漢事件 刑事事件の弁護士が勾留を回避し釈放

福岡市早良区内のAさんは、福岡県早良警察署に条例違反で逮捕されました。
被疑事実としては、Aさんが通勤途中のバス内で、被害者Vに対して痴漢行為を行ったというものです。
Aさんは、事実を認めており、被害者に怖い思いをさせたことに対して謝罪と賠償をしたいと考えています。
Aさんの妻は、Aの仕事や家族のこともあり、早期に身柄解放してほしい(勾留請求は避けたい)と思い、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

~ 痴漢行為 ~

上記Aさんのように、バス内で痴漢行為をした場合、各都道府県の条例違反となる可能性が高いと言えます。
例えば、福岡県であれば、上記のような痴漢行為をした場合、福岡県迷惑行為防止条例違反となり、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金になる可能性があります。
また、痴漢行為を常習的にしていたような場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となる可能性もあります。

~ 勾留決定を避ける ~

上記のような痴漢行為を行って、逮捕された場合、検察官が勾留請求をする可能性があります。
勾留請求が認められれば、勾留請求日から10日、身体拘束が続くことになります。
また、その後、勾留延長がなされた場合、さらに10日身体拘束が続くことになります。
ですから、仕事や家族への影響を防ぐためには、早期に身柄を解放する必要があります(勾留請求がなされないように、または、勾留請求決定がなされないようにしなければなりません)。

早期に弁護士にご相談いただければ、勾留請求がなされる見通しや、対処方法などをアドバイスすることができます。
また、弁護士にご依頼いただければ、弁護方針の一つとして、検察官が勾留請求をしないように、また、裁判官が勾留決定をしないように働きかけます。
もし、勾留決定が出た場合には、勾留決定に対する不服申し立て(準抗告)を行うなどの弁護活動も行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢事件をはじめとする数多くの刑事事件を取り扱っております。
福岡県福岡市早良区痴漢事件刑事事件逮捕され、勾留を避けたいとお考えの方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
福岡県早良警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る