福岡県北九州市若松区内の傷害事件 少年事件で調査官対応をする弁護士

2017-06-01

福岡県北九州市若松区内の傷害事件で弁護士 少年事件で調査官対応をする弁護士

福岡県北九州市若松区に住むA君(17歳)は、若松警察署傷害の現行犯で逮捕されました。
A君は、その後、家庭裁判所へ送致され、審判が開かれることになりました。
A君の母は、今後のA君のことが心配になり、調査官への対応など少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

調査官
上記A君は、傷害罪逮捕されています。
人を傷害した者は15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
もっとも、A君は少年ですから、刑法上の刑罰が科されることは、(逆送などにならない限り)なく、審判で処分が判断されます。
その審判で重要となってくる一つが、「調査官」への対応です。

調査官は、裁判官からの調査命令を受けて、鑑別所での少年との面接、裁判所又は過程において家族との面接を行うとともに、本籍照会・学校照会・職業照会などを行います。
調査官の面接では、少年について、家庭および保護者との関係、境遇、経歴、教育の程度及び状況、不良化の経過、性行、事件の関係等の聴き取りがなされます。
そして、それらを踏まえた上で、調査官は、家庭裁判所に向けて報告書を書面で送ります。

その際、その報告書には、少年の処分に対する意見(処遇意見)を書きます。
この報告書も参考にしつつ、裁判官は審判で少年に対する処分を決めますので、調査官への対応は大事になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件・刑事事件専門です。
通常の法律事務所では、なかなか取り扱い件数が少ない少年事件も多数経験しております。

福岡県北九州市若松区少年事件で逮捕され、今後の処遇でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
若松警察署 初回接見費用:4万1200円)

ページの上部へ戻る