福岡県宗像市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

2017-05-23

福岡県宗像市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

福岡県宗像市に住む少年A(18歳)は、不良仲間からもらった覚せい剤を洋服のポケットに入れて帰宅途中、福岡県宗像警察署の警察官から職務質問を受けて、覚せい剤を所持していたことが発覚してしまい、その場で現行犯逮捕されてしまいました。
福岡県宗像警察署から逮捕の連絡を受けた少年Aの両親は、少年事件覚せい剤取締法違反の弁護活動に精通している、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反(所持)】
覚せい罪取締法では、覚せい剤の非営利目的による「所持」行為について、法定刑を10年以下の懲役刑と定めています。
判例では、覚せい剤取締法違反で定める「所持」については、社会通念上、本人の実力支配や管理が及ぶ範囲に保管していれば、「所持」にあたるとされています。

少年事件での覚せい剤取締法違反に強い弁護士

覚せい剤取締法違反の所持により逮捕された場合、勾留され、さらに接見禁止となってしまうことが多い傾向にあります。
少年事件であっても、覚せい剤取締法違反で逮捕された場合、成人事件と同様に勾留され、接見禁止がつく可能性があります。
覚せい剤取締法違反は、再犯率がとても高い犯罪と言われています。
そのため覚せい剤取締法違反で逮捕され、所持行為を認めている場合、早期身柄解放や、その後の処分を軽くするためには、裁判官に「再犯の恐れがないこと、罪と認め反省していること」等を主張することが大切です。
また特に覚せい剤取締法違反少年事件では、裁判官に対し、再犯防止策や更生できる環境が整っていることも重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反で逮捕された場合の早期身柄解放活動等に実績があります。

少年が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
福岡県宗像警察署 初回接見費用:3万8900円)

ページの上部へ戻る