福岡県筑紫野市の逮捕・監禁罪で逮捕 刑事事件の示談交渉なら弁護士に相談

2017-05-24

福岡県筑紫野市の逮捕・監禁罪で逮捕 刑事事件の示談交渉なら弁護士に相談

福岡県筑紫野市に住むAは、長年交際中の女性が浮気をしたことに腹を立て、筑紫野市の自宅に女性を呼んで部屋に閉じ込め、手錠を掛けて脅して監禁してしまいました。
すきを見て女性が110番通報し、駆け付けた福岡県筑紫野警察署の警察官により、Aは逮捕・監禁罪で逮捕されました。
その知らせを受けたAの家族は、女性の連絡先を知っていたので、謝罪や示談交渉を試みましたが拒否されてしまったため、逮捕・監禁罪等の刑事事件専門の弁護士に、示談交渉について相談しました。
(フィクションです)

逮捕・監禁罪とは】
逮捕・監禁罪は、刑法第220条で定められ、人の自由に対する犯罪の一つとされています。
逮捕・監禁罪における「逮捕」とは、「人の身体」に対し、「直接的な拘束」を加え、「行動の自由を奪う」行為とされています。

逮捕・監禁罪の「逮捕」行為としてよくある事例は、人の身体をガムテープ等で巻き付ける、手錠をかける行為等があります。
また逮捕・監禁罪は、いじめ、わいせつ目的、児童虐待等その他の犯罪の方法、手段となることが多い傾向にあります。
逮捕・監禁罪の「逮捕」行為については、拘束時間が多少継続することが必要とされ、拘束時間が瞬時にとどまる場合は、「暴行罪」となるようです。

逮捕・監禁罪における「監禁」行為は、「人の行動の自由」を、「一定の区域、場所に閉じ込め、脱出を不可能にすること」とされています。
監禁」行為となるには、拘束時間が多少継続することが必要ですが、拘束時間の長短は問わないとされています。

刑事事件示談交渉なら弁護士に相談】
逮捕・監禁罪等の刑事事件逮捕された場合、早期身柄解放や不起訴を目指すには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要です。
しかし刑事事件の被害者の方は、加害者側との交渉に不安を抱く方が多い傾向があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、逮捕・監禁罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、被害者の方への謝罪や示談交渉等に精通しています。
ご家族が逮捕・監禁罪等で逮捕され、被害者の方への示談交渉をお考えの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に初回接見をお申込み下さい。
筑紫野警察署 初回接見費用:3万6800円)

ページの上部へ戻る