【北九州市門司区における暴行事件で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談!

2017-08-18

【北九州市門司区における暴行事件で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談!

Aさんは,北九州市門司区内の飲食店において,その店に来ていた他のお客さんであるVさんの顔を殴ってしまいました。
幸い,Vさんには怪我はありませんでした。
しかし,店の経営者が110番通報し,その後駆けつけた福岡県門司警察署の警察官によって,Aさんは暴行罪の現行犯人として逮捕されてしまいました。
Aさんが逮捕されたことを知った家族は,刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(この事案はフィクションです。)

【暴行罪~刑法第208条】
暴行罪は,暴行を加えた者(暴力を振るったものなど)が,人を傷害するに至らなかった場合(怪我をしなかった場合)に成立する犯罪です。
暴行罪における「暴行」とは,人の身体に対する有形力の行使を意味します。
また,暴行罪の法定刑は,2年以下の懲役又は30万円以下の罰金,拘留,科料です。

一般的に,事件を起こして警察に逮捕されて身柄拘束をされてしまうと,周囲の人々に逮捕されたことが発覚して職を失うことになったりするなど,事件の処分以前に,社会的制裁を受けることになってしまいます。
そのため,暴行事件で逮捕されたり,取調べを受けたりした場合,できるだけ早期に弁護士に相談するなどして,身柄解放活動を行ったり,被害者に対する謝罪や示談交渉をすることがとても重要になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に強い弁護士が、身柄解放活動や被害者との示談交渉など,ご依頼者様のご期待に沿えるよう迅速に弁護活動を行います。
暴行事件で逮捕されたり,取調べを受けてお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(福岡県門司警察署への初回接見費用:4万1,940円)

ページの上部へ戻る