医師と準強制わいせつ罪

2021-10-25

医師と準強制わいせつについて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

 

医師Aさんは、健康診断中に、女子の胸に聴診器を当てるふりをして、指を押し当てるなどした準強制わいせつ罪の疑いで警察に逮捕されてしまいました。Aさんは、接見に来た弁護士に、「胸に当たったかもしれないが、故意に触ったわけではない」などと話しています。

(フィクションです。)

 

~準強制わいせつ罪~

 

準強制わいせつ罪は刑法178条1項に規定されています。

 

刑法178条1項

 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。

 

「176条」は強制わいせつ罪の規定です。「例による」とは、法定刑をその罪と同様とする、という意味です。ですから、「第176条の例による」とは、法定刑を強制わいせつ罪と同様、6月以上10年以下の懲役とする、ということになります。「準」とついていますから、一見すると強制わいせつ罪よりも刑の重さが軽そうですが、実は変わりませんから注意が必要です。

 

「心神喪失」とは、精神上の障害によって正常な判断を失っている状態をいいます。具体的には、熟睡、泥酔・麻酔状態・高度の精神病などがこれに当たります。

「抗拒不能」とは、心神喪失以外の理由によって心理的・物理的に抵抗することが不可能又は著しく困難な状態をいいます。睡眠中、泥酔中、麻酔中、催眠状態など、心神喪失以外の理由でわいせつな行為をされていることを認識していない場合がこれに当たります。

「(心身喪失・抗拒不能に)乗じる」とは既存の当該状態を利用することをいいます。当該状態を作出した者とわいせつ行為をした者が同一であることは必要ではありません。ただし、この場合、本罪が成立するには、わいせつ行為をした者が、被害者が当該状態にあることを認識しておく必要があるでしょう。本件では、AさんがVさんを泥酔状態にさせたわけではありませんが、Vさんが当該状態にあることを認識しつつわいせつ行為に及んでいることが認められますから、Aさんの行為は「心神喪失に乗じ」、「わいせつな行為」をしたことに当たる可能性が高いでしょう。

「(心神喪失・抗拒不能)にさせる」手段には制限はありません。麻酔薬、睡眠薬の投与・使用、催眠術の施用、欺罔などはいずれもその手段となり得るでしょう。

 

~医師免許はどうなる?~

 

罰金以上の刑に処せられると医師免許が取り消される可能性があります。

 

第四条 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。

一 心身の障害により医師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの

二 麻薬、大麻又はあへんの中毒者

三 罰金以上の刑に処せられた者

四 前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあつた者

 

第七条 医師が第四条各号のいずれかに該当し、又は医師としての品位を損するような行為のあつたときは、厚生労働大臣は、次に掲げる処分をすることができる。

一 戒告

二 三年以内の医業の停止

三 免許の取消し

 

~準強制わいせつ罪で逮捕されたら?~

 

準強制わいせつ罪で逮捕されたら、弊所の初回接見サービスをご利用されてみてはいかがでしょうか?

初回接見サービスとは、正式な委任契約の前に、ご家族などから依頼を受けた弁護士が、警察署などの留置施設に出張して、逮捕・勾留されている被疑者・被告人の方と接見するサービスのことをいいます。この初回接見サービスにより、

1 事件の内容(逮捕・勾留事実)を詳しく知ることができる

2 事件の見通し、対応(弁護方針、弁護活動)を知ることができる

3 ご家族等からの伝言をお伝えすることができる

などといったことが可能となります。詳しくはフリーダイヤル(0120-631-881)で、専門のスタッフにお尋ねください。

 

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、準強制わいせつ罪などの性犯罪をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。性犯罪で逮捕されたら弊所の初回接見サービスのご利用をご検討ください。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る