福岡県大川市の覚せい剤事件で職務質問 相談には刑事事件専門の弁護士

2018-02-10

福岡県大川市の覚せい剤事件で職務質問 相談には刑事事件専門の弁護士

Aは、路上を歩いているとき、警察官から職務質問を受け、所持品検査の結果、バックの中に覚せい剤を入れていたことが判明しました。
Aは福岡県筑後警察署の警察官に逮捕されましたが、警察官の対応に不満を持っており、心配したAの家族は弁護士無料法律相談することにしました。
(フィクションです)

覚せい剤などの薬物事件の場合、職務質問が事件発覚の端緒となることが多々あります。
ところで、この職務質問については、警察官職務執行法という法律に規定されており(同法第2条)、警察官はこの規定に基づいて職務質問を行っています。
また、所持品検査については法律の規定はないものの、職務質問に付随する処分として許容されています。

ただ、職務質問所持品検査も、相手方の「任意」の協力下で行われることが原則で、それを超えて行われる職務質問所持品検査は違法となる可能性があります。
例えば、警察官が、Aさんの承諾もないのにバックの中に無理やり手を突っ込んで、覚せい剤を取るという行為は、プライバシー侵害の最たるものであり違法と言えるでしょう。
実際に、警察官の職務質問所持品検査を違法と認定した判例もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、覚せい剤事件をはじめとする薬物事件刑事弁護に強い弁護士が所属しています。
法律の専門家である弁護士が、依頼者様にとってよりよい結果を獲得すべく、的確にアドバイスいたしますので、覚せい剤事件職務質問の対応にお困りの方はぜひ一度ご相談ください。
当事務所では、誰でも気軽に相談できる「無料法律相談」を承っております。
(福岡県筑後警察署 初回接見費用:41,700円)

ページの上部へ戻る