福岡県嘉麻市のストーカー事件で逮捕 前科を回避するなら弁護士

2017-12-29

福岡県嘉麻市のストーカー事件で逮捕 前科を回避するなら弁護士

70代男性のAさんは、福岡県嘉麻市に住む飲食店従業員の40代女性の携帯電話に計61回にわたって電話をかけるストーカー行為をしたとして、
福岡県警察嘉麻警察署ストーカー規制法の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、以前にも別の女性に対しても、つきまとい行為をして書面による警告を受けていました。
(11月4日の産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~ストーカー事件と刑事弁護~

ストーカー行為とは、同一の人に対し、つきまとい等の行為を繰り返し行うことをいい、身体の安全、住居などの平穏もしくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害されることになるかもしれない、という不安を覚えさせるような方法によることをいいます。
こういったストーカー行為に対しては、ストーカー規制法(正式名称:ストーカー行為等の規制等に関する法律)により、処罰されます。

また、ストーカー規制法は平成28年に法改正されたことによって、
①住居等の付近をみだりにうろつくこと
②拒まれたにもかかわらず、連続してSNSを用いたメッセージ送信等を行うことや、ブログ・SNS等の個人のページにコメント等を送ること
が規制されることになり、「ストーカー行為」と呼ばれる行為の範囲が広がっています。

さらに、法定刑は
ストーカー行為をした場合「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・禁止命令等に違反してストーカー行為をした場合、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金
となり、罰則も重くなりました。

もし、上記事例のAさんがストーカー規制法違反により起訴されてしまった場合、過去の量刑からは、3年程の執行猶予判決となることが多いようです。
しかし、実刑を回避し、執行猶予となったとしても、「前科」が付いてしまうことには変わりません。

ストーカー事件において前科を回避するためには、被害者との示談を成立させ、被害者から被害届の提出を阻止することで、刑事事件化を未然に防いだり、不起訴処分を狙うなど刑罰の軽減を目指す弁護活動を行っていきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、ストーカー事件で逮捕されたとしても、事件内容をきちんと把握した上で、処分の見通しを適切に立てて、最適の主張をしていきます。
ストーカー事件前科を回避したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。
(福岡県警察嘉麻警察署 初回接見費用:43,900円)

ページの上部へ戻る