福岡県糸島市の薬物事件 無許可で医薬品販売 逮捕なら刑事弁護士

2018-03-05

福岡県糸島市の薬物事件 無許可で医薬品販売 逮捕なら刑事弁護士

福岡県糸島市に住む男性のAさんは,都道府県知事の許可を受けないで医薬品を販売した薬機法違反福岡県糸島警察署逮捕されました。Aさんの妻は,薬物事件に強い弁護士に接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 薬機法違反(医薬品無許可販売) ~

薬機法は正式名称を「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下,法律)」といいます。医薬品(法律2条)を販売するには,販売値の都道府県知事の許可を受けなければなりません(法律24条1項,26条1項等)。無許可で医薬品を販売した場合は,3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金,又は併科に処せられる可能性があります(法律84条9号)。また,仮に許可を得ていたとしても,実際に販売できる医薬品は厚生労働大臣の指定する者の検定を受け,かつ,これに合格したものだけです(法律43条1項)。これに違反して医薬品を販売した場合も,上記と同様の刑罰を受ける可能性があります(法律84条1号)。過去には,健康食品会社などが,検定を受け,かつ,これに合格した医薬品ではないのに,「筋肉を増強し,脂肪を効果的に燃焼させる」などとうたって医薬品を販売していたところ検挙されたという事例がありました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,薬物事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。薬物事件で逮捕されそうだご家族が逮捕されて困っているという方は,お気軽に0120-631-881までお電話ください。24時間無料法律相談初回接見サービスを受け付けております。
(福岡県警糸島警察署への初回接見費用:37,800円)

ページの上部へ戻る