福岡県筑後市の暴力事件 暴行罪で示談・不起訴なら刑事弁護士

2018-09-26

福岡県筑後市の暴力事件 暴行罪で示談・不起訴なら刑事弁護士

Aさんは,ラーメン店で隣に座っていたVさんの態度に立腹し,Vさんにラーメンをかけた暴力事件で,福岡県筑後警察署で事情を聴かれることになりました。Aさんは,大変申し訳ないことをしたと反省しており,示談不起訴に向けて刑事弁護を刑事弁護士に依頼しました。
(平成30年7月11日産経ニュース掲載事案を参考に作成)

~ 暴行罪(刑法208条) ~

暴行罪は,故意に暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに成立します。
罰則2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。
暴行とは,人の身体に対する有形力の行使をいいますので,殴る蹴るなどの行為だけでなく,頭に食塩をふりかける行為や耳元で太鼓を連打する行為なども含まれ,本件のように人にラーメンをかける行為も暴行に当たる可能性が大きいです。

~ 傷害罪(刑法第204条) ~

傷害罪は,人に暴行を加え,人の身体を傷害した場合に成立します。
罰則15年以下の懲役又は50万円以下の罰金暴行罪より重たいことが分かります。
傷害とは,人の生理機能障害を与えることをいうと解されています。
よって,例えば嫌がらせ電話により精神衰弱症を引き起こす行為も傷害といえます。
本件でいえば,AさんがVさんにラーメンをかけてやけどを負わせたという場合は傷害に当たる可能性が大きいです。

~ 示談・不起訴 ~

暴行罪傷害罪で捜査を受けそう,現に捜査を受けているという場合,示談不起訴に向けて刑事弁護士刑事弁護を依頼されてみてはいかがでしょうか?示談交渉刑事弁護士に依頼するメリットとしては,
1 被害者との連絡,コンタクトが可能となる
2 説得力のある交渉が期待できる
3 示談後のトラブルを避けられる
4 刑事事件化,逮捕を避けられる
といったことが挙げられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,暴行傷害事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
刑事事件で,示談不起訴をお望みの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。

ページの上部へ戻る