福岡県福津市の暴力事件 暴行の示談交渉を刑事弁護士に依頼するメリット 

2018-09-15

福岡県福津市の暴力事件 暴行の示談交渉を刑事弁護士に依頼するメリット 

AさんはVさんに対し暴行を加えた暴力事件で,Vさんから福岡県宗像警察署に被害届を出すと言われています。Vさんと示談したいと考えているAさんは,刑事事件に強い弁護士に無料相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 暴行罪(刑法208条) ~ 

暴行とは,人の身体に向けられた不法な有形力の行使をいいます。
殴る,蹴るなどが典型ですが,あくまで人の身体に向けられたものであれば足りますから,人の身体に直接接触しない,人に向かって石,ナイフ等を投げつける行為なども暴行です。

~ 示談交渉を刑事弁護士に依頼するメリット ~

1 被害者との連絡,コンタクトが可能となる
 示談交渉を始めるにしても,被害者側の連絡先を入手したり,被害者側とコンタクトを取れなければ示談交渉を始めることすらできません。しかし,常識的に,加害者自身がこれらのことをするのは不可能です。この点,弁護士であれば,警察などから被害者側の連絡先を教えてもらったり,被害者とコンタクトを取ることが可能です。

2 説得力のある交渉が期待できる
 稀に,被害者側から法外な示談を要求されることがあります。
 その場合,加害者自身が直接交渉しても,かえって被害者の気持ちを害するだけです。この点,弁護士であれば,これまでの経験から,いかなる事案で,いかなる示談金が適当かある程度の知識を得ています。また,あまりにも要求が執拗であればむしろ毅然とした態度を取る必要がある場合もあり,その点,経験のある弁護士であれば毅然とした態度で示談交渉することが可能です。

3 トラブルを避ける
 示談に関するトラブルを避けるには,適切な内容の示談書を作成しなければなりません。この点,弁護士であれば,交渉の上で適切な内容の示談書を作成することが可能です。

4 刑事事件化,逮捕を避けられる
 被害者が警察に被害届を出す前,警察の送検前に示談を成立させることができれば,刑事事件化逮捕を避けることも可能です。この点,この時期に弁護活動ができるのは私選の(刑事)弁護人だけです。逮捕,勾留されてからでは手遅れとなることもあるので早めに依頼するメリットはあります。  

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,0120-631-88124時間無料法律相談等ご予約を承っています。お気軽にお電話ください。

ページの上部へ戻る