【福岡県久留米市の無免許運転幇助】なら刑事事件弁護士に早期相談!

2017-06-27

福岡県久留米市の無免許運転幇助なら刑事事件弁護士に早期相談

福岡県久留米市に住んでいる,Xさんはまだ教習所に通っている最中で免許を交付されてはいませんでした。
しかし、どうしても公道を運転したかったXさんはAさんに、車を貸してもらう許可を取り,Aさんの車を運転しました。
なお,AさんはXさんが無免許であることをわかっていました。
Aの車の走行中,たまたま福岡県久留米警察署の職務質問に会い,無免許運転が発覚し、Xさんは道路交通法違反の容疑で、逮捕されてしまいました。
その後,Aさんの元にも警察が任意の取り調べに来たため,不安になったXさんは刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

無免許運転
無免許運転は誰でも知っている犯罪と思われます。
運転免許証の交付を受けていないにもかかわらず,車などを運転したばあい,道路交通法違反となってしまいます。
ですから,上記Xさんは,道路交通法違反(無免許運転)として,罰せられる可能性があります。
初犯で悪質性が少ない場合,多くは罰金処分となると思われますが,再犯を繰り返しているような悪質性が高い場合には,懲役刑となる可能性もあるため,たかが無免許運転などという考え方はやめた方が良いでしょう。

無免許運転ほう助とは】
また,Aさんも,実は犯罪に問われる可能性がある行為をしていました。
それは車を貸し出す,つまりAさんの無免許運転という犯罪を手助けする行為です。

道路交通法は,無免許運転を行う可能性のあるものに車両を提供したり,運転者以外の立場で同乗したりすることを無免許運転のほう助にあたるとして禁止しています。
上記例のAさんは,このような行為にあたると考えられるため,捜査の対象になってしまったのでしょう。

もしも無免許運転ほう助の嫌疑でお困りの方は是非,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、刑事事件専門ですから,経験豊富です。
また,初回相談を無料で行っているため、皆様お気軽にご利用いただけます。
まずは相談予約だけでも、フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
福岡県久留米警察署までの初回接見費用:3万9000円)

ページの上部へ戻る