福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

2017-06-19

福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

福岡県北九州市に住むAは、インターネットの掲示板に掲載されていた携帯電話機の売買に興味を持ち、他人名義で携帯電話を購入しようとしたところ、通報を受けて駆け付けた福岡県小倉北警察署の警察官に詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
(フィクションです。)

携帯電話機の売買に関する法律】

オレオレ詐欺、還付金詐欺等を行う組織犯罪では、そのツールとして携帯電話機、預貯金口座などが使われます。
そのため、携帯電話機等の売買事件は現在も後を絶ちません。
携帯電話機の売買に関する事件では、その犯行形態により該当する法律が変わります。
不正に利用する目的で自分の携帯電話機を契約した場合、詐欺罪に問われます。
また、他人名義で契約した場合も詐欺罪となます。
その他、自分の名義で契約した携帯電話機を、携帯電話会社に無断で譲り渡した場合は、携帯電話不正利用防止法違反に問われます。

携帯電話の売買逮捕されたら】

携帯電話の売買に関する事件では、携帯電話の購入時に身分証の提示や、契約書への署名行為を求められるため、詐欺罪の他、公文書偽造、有印私文書偽造等に問われる場合もあるので注意が必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、詐欺罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、携帯電話の売買に関する事件で逮捕された場合も、早期身柄の釈放等について、迅速、適切なん弁護活動を行い、少しでも軽い処分を目指します。
ご家族が、詐欺罪等の携帯電話の売買に関する事件で逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、無料相談をお申込み下さい。
福岡県小倉北警察署 初回接見費用 3万7800円)

ページの上部へ戻る