福岡県糸島市の公然わいせつ事件で逮捕 少年事件で審判に強い弁護士!

2017-05-28

福岡県糸島市の公然わいせつ事件で逮捕 少年事件で審判に強い弁護士!

福岡県糸島市に住むA(17歳)は、路上で、自らの陰部を見せつけるなどした公然わいせつ罪の疑いで糸島警察署逮捕されました。
A君は、受験などのストレスから、好奇心などでやってしまったと述べています。
A君の母は、今後のAの将来のためにも、審判で不処分か保護観察を望んでいます。
そこで、少年事件審判の経験が豊富な、弁護士事務所の弁護士に相談しに行きました。
(フィクションです)

公然わいせつ罪
上記A君は、公然わいせつ罪の容疑で逮捕されています。
公然わいせつ罪は、公然とわいせつな行為をした者に対して科されます。
公然わいせつ罪をした場合の、法定刑は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。

少年事件審判対応】
少年が刑事事件を起こして逮捕された場合、事件は検察官に移った後、家庭裁判所に送られることになります。
家庭裁判所では、通常の刑事事件とは異なり、裁判は開かれません。
代わりに、少年審判が開かれることになります。

少年事件審判が開かれた場合、少年に対する処分が下されます。
不処分、保護観察、児童相談所などへの送致、逆送(検察官送致)、少年院送致などの処分です。
逆送になった場合は、検察官に事件が送られて、通常の成人事件と同様の手続きになることになります。
これは、殺人や傷害致死などの事件を起こした場合にとられます。

少年の親としては、身体拘束がされてしまう少年院送致などを避けて、なんとか保護観察や不処分を目指したいと考えていらっしゃることがほとんどです。
その場合、大事になってくるのが審判対応です。
審判で、しっかりと、「環境調整が整っているため、再犯可能性はない」「少年のカウンセリングは進んでいる」などの事情を主張する必要があります。

また、審判でしっかりと対応するためにも、審判までの期間も重要です。
その期間に、少年が更生できるように環境を整えなければなりません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件に特化しており、多くの少年事件の経験がございます。
福岡県糸島市少年事件審判対応をしっかりする弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へ一度ご相談ください。
福岡県糸島警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る