福岡県朝倉市の刑事事件(窃盗事件)における逮捕に強い弁護士! 依頼者からの要請ですぐに差入れ

2017-05-29

福岡県朝倉市の刑事事件(窃盗事件)における逮捕に強い弁護士! 依頼者からの要請ですぐに差入れ

福岡県朝倉市に住むAさんは、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻Bは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
その際、「差入れとしてどのようなものができるのか」と質問しました。
(フィクションです)

窃盗罪
他人の財物を窃取した場合、窃盗罪が成立することになります。
法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
窃盗罪で逮捕されるパターンとしては、店や路上の防犯カメラから、被疑者が特定され、捜査を行い、逮捕状を請求して逮捕されるパターン、周りの人に窃盗現場を目撃され、現行犯逮捕されるパターンなどが挙げられます。

窃盗事件のおける差入れ
窃盗事件等の刑事事件を起こし、逮捕されてしまった場合、留置所で毎日を過ごさなければなりません。
その際、家族や弁護士等を通じて「差入れ」を求めることができます。

差入れ」とは、逮捕されて勾留されている被疑者や被告人に対して物や書面を渡すことを言います。

ただ、逮捕段階は、被疑者のご家族の方が差入れをすることはできません。
また、何でも無制限に留置場へ差入れをすることができるわけではありません。
例えば、衣服や本についている紐類やボールペンなどのとがったものは、自傷・他害の危険性があるため、差入れはできません。
差入れの個数が制限されている場合もあります。
もっとも、運用の点は若干、警察署によって異なる場合もありますので、事前に確認したほうが得策と言えます。

ただ、ご家族の方が差入れや面会をできる時間は限られていますので、依頼者が差入れを希望しても、なかなか都合が合わず差入れができないという事態も起こりえます。
弁護士であれば、面会時間などの制限はありませんから、いつでも差入れを行うことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間対応をしており、必要とあれば夜の接見も可能ですので、差入れのご依頼があってから迅速に差入れ対応することも可能です。

福岡県朝倉市窃盗事件で逮捕されて、差入れをしてほしいとお考えの方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
朝倉警察署 初回接見費用:4万1900円)

ページの上部へ戻る