福岡県豊前市の少年事件で逮捕 自動車運転死傷行為処罰法違反に強い弁護士

2017-05-30

福岡県豊前市の少年事件で逮捕 自動車運転死傷行為処罰法違反に強い弁護士

福岡県豊前市のA(18歳)は、不良グループからの誘いで、お酒に酔って自動車を運転し、自転車に乗っていた人を跳ねて大怪我をさせてしまいました。
慌ててその場から逃走した少年Aは、福岡県豊前警察署の警察官に自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕されました。
Aの両親は、今後の対応について、自動車運転死傷行為処罰法違反等の少年事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

自動車運転死傷行為処罰法とは】

2014年5月から、自動車運転死傷行為処罰法が施行されました。
自動車運転死傷行為処罰法が設立された理由として、以前は、交通事故で人を死傷させた場合、刑法の「危険運転致死罪」や「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。
しかし飲酒運転や無免許運転等の悪質な交通事故に対し、幅広く処罰し、罰則も強化できるよう自動車運転死傷行為処罰法が設立されたのです。

少年事件逮捕されたら弁護士に相談】

飲酒運転で人身事故を起こし、その後救助義務を怠り現場から逃走してしまうと、少年事件であっても、自動車運転死傷行為処罰法違反等の疑いで逮捕される可能性があります。

少年による自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕された場合、早期に少年事件等の専門の弁護士に弁護を依頼することで、逮捕後の勾留や、鑑別所へ行かずに早期身柄を目指すことができます。

また自動車運転死傷行為処罰法違反では、相手方への治療費等の損害賠償や示談交渉の有無により、処分が大きく影響しますので、専門の弁護士による弁護活動が重要となります。

その他、少年事件で大切な弁護活動の1つに、不良グループからの離脱等環境調整をすることも大切です。
少年の生活環境を整え、ご家族や本人と今後同じような事件を起こさないための話し合いや反省の機会を与え、これらの活動を主張することは、処分を軽くするだけでなく、少年の将来にとっても大切な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士が多数おりますので、逮捕後の身柄解放や少年のサポート活動に精通しています。
自動車運転死傷行為処罰法逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
豊前警察署 初回接見費用:4万4100円)

ページの上部へ戻る