北九州市小倉北区の恐喝罪で逮捕 少年事件の早期身柄解放に強い弁護士に相談

2017-05-26

北九州市小倉北区の恐喝罪で逮捕 少年事件の早期身柄解放に強い弁護士に相談

 

福岡県北九州市小倉北区に住む少年A(17歳)は、不良仲間と一緒に地元の中高生に対し、恐喝を繰り返していたところ、小倉北警察署の警察官に恐喝罪の犯人として逮捕されました。
知らせを受けた少年Aの両親は、早期身柄解放と、今後不良グループから離脱し更生を図るため、少年事件恐喝罪に強い弁護士に相談しました。(フィクションです)

恐喝罪とは】

恐喝罪は、刑法第249条に定められ、法定刑は10年以下の懲役刑となっております。
恐喝罪の成立要件は、「相手方に対し、脅迫、又は暴行により相手方を怖がらせて財物を交付又は、財産上の利益を処分させること」とされています。
恐喝罪でよくある逮捕事例としては、いじめ等でお金をカツアゲする、知人に貸したお金を取り返すため等があります。
恐喝罪は、加害者側が「恐喝」と考えていても、暴行・脅迫の程度が強いと強盗罪に問われる可能性もありますので、注意が必要です。

少年事件逮捕されたら】

少年事件恐喝罪では、不良グループが既に恐喝罪逮捕されているケースもあります。
そのような場合、少年は報復や仲間をかばう気持ちから、捜査機関の取り調べに対し、自分の主張を貫くことに不安を覚えてしまう傾向にあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件による恐喝罪等の経験が豊富な弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、接見を通じて少年に対し、取り調べに対する適切なアドバイスや、被害者への謝罪、示談交渉を行い、早期身柄解放を目指します。
また少年事件で逮捕された場合、弁護士は、再犯防止のため、不良グループからの脱退等の環境調整等を行います。
この弁護活動は、少年の早期身柄解放のためだけでなく、少年が今後不良グループから抜け出し、将来のため更生を図る上でも大切な弁護活動となります。

少年事件の恐喝罪で家族が逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
小倉北警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る