Archive for the ‘飲酒運転’ Category

北九州市門司区の酒気帯び運転 正式裁判回避には交通事件に強い弁護士 

2018-01-29

北九州市門司区の酒気帯び運転 正式裁判回避には交通事件に強い弁護士 

30代男性のAさんは、会社の飲み会でお酒を飲んだ後、飲酒運転を「バレないだろう。大丈夫だろう。」と考え、そのまま車を運転し帰宅することにしました。
ところが、福岡県警察門司警察署の警察官が飲酒検問を行っており、Aさんはアルコール検査を受けることになりました。
その結果、Aさんから血中アルコール濃度が0.22mg検出されたため、酒気帯び運転で検挙されてしまいました。
(フィクションです。)

~酒気帯び運転~

飲酒による交通事件には「酒気帯び運転」「酒酔い運転」「酒気帯び運転による人身事故」「危険運転致死傷」等色々な交通事件があります。
今回は、「酒気帯び運転」を事例に説明したいと思います。

飲酒運転をした本人についての罰則は、「酒酔い運転」「酒気帯び運転」と2段階に分かれて規定されています。
酒気帯び運転」とは、身体に政令で定める程度以上のアルコールを保有した状態(呼気1ℓ中のアルコール濃度が0.15ml以上の状態)で車両等を運転した場合です。
酒気帯び運転」の罰則は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
なお、飲酒運転にはほかに、「酒酔い運転」があり、「酒酔い運転」とは、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態(酒に酔った状態)にも関わらず車両等を運転した場合で、罰則は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 です。

もし、上記事例のAさんが、「酒気帯び運転」で起訴されてしまうと、過去の量刑からは、罰金30万円程度、あるいは3~4年程の執行猶予になることが多いようです。
しかし、同罪の前科があると、場合によっては、10月程の実刑判決となってしまうこともあるようです。

~弁護活動~

酒気帯び運転による事件では、初犯であれば略式裁判による罰金処分で事件が終わることが多いため、起訴猶予による不起訴処分又は略式裁判による罰金処分になるように、つまりは正式裁判にならないように弁護活動を行います。

具体的には、違反行為の態様、経緯や動機、回数や頻度、交通違反歴などを慎重に検討して、酌むべき事情があれば警察や検察などの捜査機関に対して主張します。

ですから、正式裁判を回避したいのなら、早期に弁護士に相談・依頼することをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事件・刑事事件を専門で取り扱っている弁護士事務所で、初回は無料相談を承っています。
酒気帯び運転でお困りの方、正式裁判を回避したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までぜひご相談ください。
(福岡県警察門司警察署 初回接見費用:41,940円)

【公務員による酒気帯び運転】福岡県の刑事事件に強い弁護士が解説

2017-12-01

公務員であるAは、仕事帰りに同僚と飲酒した翌日早朝、車を運転して釣りに行く途中に物損事故を起こしてしまいました。
事故現場に駆け付けた警察官に酒臭がすることを指摘されたAは、飲酒検知の結果、呼気1リットル中0.20ミリグラムのアルコールが検出され、酒気帯び運転で現行犯逮捕されてしまいました。
(この事件はフィクションです)

【酒気帯び運転】

テレビや新聞などで飲酒運転が絡む事故がよく報道されています。
昔から飲酒運転による死亡事故は大きな社会問題で、これまで罰則が強化されるなどして、対策が講じられてきましたが、無くならないのが現状で、警察は取り締まりを強化しています。
今回のケースのような、いわゆる残酒運転(前日のお酒が体内に残っている状態で車を運転する行為)も、行為者に「飲酒運転をしている」という認識が少ないと考えられますが、それでも飲酒運転とされています。

飲酒運転には、酒気帯び運転と、酒酔い運転の2種類がありますが、今回は酒気帯び運転について解説します。
酒気帯び運転は,道路交通法第65条第1項に規定された法律で「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」ことが明記されています。
酒気帯び運転の罰則は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が規定されています。
呼気検査の結果,呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールが検出された場合、酒気帯び運転となります。

酒気帯び運転の量刑は、その犯行形態や、アルコール量に左右されます。
Aのような単純な犯行形態と、アルコール量であれば、初犯でしたら略式罰金となる可能性が大ですが、他の違反を同時に起こしている場合や、アルコール量が多かった場合など悪質と判断されれば、初犯であっても起訴される可能性があるので注意しなければなりません。

【公務員による犯罪】

Aのように公務員が事件を起こしてしまった場合、公務員以外の方が事件を起こした時よりも大きな不利益を被ることとなります。
最近では、公務員が起こした事件は必ずと言っていいほど新聞報道されますし、場合によっては実名報道されることもあります。
そうなってしまえば、失職するだけでなく、近所に事件が知れてしまって引越さなければいけない等、本人だけでなく、家族にまで迷惑をかけることとなり、その後の人生に大きく影響します。

福岡県で刑事事件を起こした公務員の方及び刑事事件に強い弁護士をお探しの方、ご家族、ご友人が酒気帯び運転で警察に逮捕された方は,是非一度,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

 

【福岡市南区の無免許運転・酒気帯び運転で逮捕】 ~身柄解放に尽力した弁護士~

2017-10-20

【福岡市南区の無免許運転・酒気帯び運転で逮捕】 ~身柄解放に尽力した弁護士~

佐賀県唐津市に住むAさんは,友人らと福岡市に遊びに来て,自宅へと帰る際,警察官による職務質問を受け,その際,無免許運転酒気帯び運転が発覚し,その場で,道路交通法違反の罪で逮捕されてしまいました。
Aさんが逮捕されたことを知らされた家族は,Aさんのことが心配になり,刑事事件に強い弁護士に弁護活動を依頼することにしました。
Aさんについては,一度は勾留が認められたものの,弁護士による身柄解放活動の結果,勾留取消を得ることができ,Aさんは釈放されました。
(この事案はフィクションです)

《 無免許運転 》

無免許運転については,道路交通法第64条第1項に「何人も,公安委員会の運転免許を受けないで,自動車又は原動機付自転車を運転してはならない」旨規定されており,これに反した場合は,同法第117条の2の2第1号に規定されているとおり,3年以下の懲役又は50万円いかの罰金という刑罰を受けることになります。

《 酒気帯び運転 》

酒気帯び運転については,道路交通法第65条第1項に「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」旨規定されており,これに反した場合は,同法第117条の2の2第3号に規定されているとおり,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金という刑罰を受けることになります。
酒気帯び運転の場合,まず呼気検査が実施され,呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有している状態であれば,酒気帯び運転となります。
また,酒に酔って正常な運転ができない状態で運転(酒酔い運転)すると,同法第117条の2第1号の罰則が適用され,5年以下の懲役又は100万円以下の罰金という刑罰を受けることになります。

全国的に見ても,酒気帯び運転酒酔い運転は後を絶たず,それどころか,お酒を飲んで車を運転したことにより死亡事故に発展するケースも多くなっています。
そのため,酒気帯び運転酒酔い運転などの規定については,幾度となく,罰則規定が改正されてきました。
しかし,いくら法律を改正したところで,なくなるわけではないのが実情です。

無免許運転酒気帯び運転で検察庁に書類が送られると,取調べ等を経て,裁判所に起訴されることは間違いありません。
処罰については,無免許運転若しくは酒気帯び運転のどちらか1つの違反だけであれば,諸事情を考慮して,罰金刑の処罰を受けるだけで済むかもしれませんが,上記事案のように,無免許運転酒気帯び運転の2つの違反であれば,どのような諸事情を考慮しても,罰金刑で済まされず,裁判を経て,懲役刑の処罰を受けることになる可能性が高いと思われます。

福岡市南区の無免許運転酒気帯び運転逮捕されたり,取調べを受けてお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(法律相談:初回無料)
(福岡県南警察署までの初回接見費用:3万5,900円)

【新宮町における酒気帯び運転で公務員を逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-10-08

【新宮町における酒気帯び運転で公務員を逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談

町役場の職員であるAさんは,仕事が終わった後,同僚らと一緒に職場近くの居酒屋でお酒を飲んだりしました。
そして,自宅の最寄り駅である新宮中央駅に到着した際,酒を飲んでいるから車を運転してはいけないと思っていたものの,自宅までわずかな距離だから大丈夫考え,車の運転を開始しました。
しかし,その途中,警ら中の警察官に停車を求められ,酒気帯び運転が発覚し,その場で,道路交通法違反酒気帯び運転)の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は,Aさんの今後のことが心配になり,刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

《 酒気帯び運転 》

酒気帯び運転については,道路交通法第65条第1項に「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない」旨規定されており,これに違反した場合は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられることになります。
酒気帯び運転の場合,まず呼気検査が実施され,呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有している状態であれば,酒気帯び運転となってしまいます。
また,酒に酔って正常な運転ができない状態で運転すると,酒酔い運転の法条が適用され,5年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられることになります。

全国的に見ても,少なくなってきているとはいえ,酒気帯び運転酒酔い運転は後を絶たず,それどころか,お酒を飲んで車を運転したことにより死亡事故に発展するケースが多くなっています。
そのような状況であるため,酒気帯び運転酒酔い運転などの規定については,幾度となく,罰則規定が改正され,刑罰も重くなってきております。
しかし,いくら法律を改正し,刑罰を重くしたところで,酒気帯び運転酒酔い運転がなくならないのが実情です。

酒気帯び運転で検察庁に書類が送られると,取調べ等を経て,裁判所に起訴されることは間違いありません。
処罰については,これまでの例からしても,①初犯であれば,書面だけで裁判を行う「略式手続」で罰金刑の処分を受けることになりますが,②2度目以降の場合,その略式手続では済まず,裁判所の法廷で裁判官から直接判決の言い渡しを受けることになります。
その際,処分としては,罰金刑ではなく,懲役刑の言い渡しを受けることになる可能性が極めて高くなります。

《 公務員による犯罪 》

事件を起こした場合,身分など問わず,どなたも不利益を被ることは間違いありませんが,公務員の場合,一般の会社に勤めている方々より大きな不利益を被ることになります。
公務員の場合,起こした事件で刑事処分を受けることはもちろんのこと,その立場からして,信用を失墜させたということで,地方公務員であれば地方公務員法に基づき,国家公務員であれば国家公務員法に基づき,分限処分や懲戒処分など,それぞれ厳しい処分を受けることになります。
その場合,停職や減給で済まず,免職になって職を失う可能性もあります。

そのような最悪な事態に陥ってしまう前に,酒気帯び運転で逮捕されたり,取調べを受けている公務員の方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
弊所では,これまでにも様々な職種の公務員の方からのご依頼に基づき,弁護活動を行ってきた実績があります。
福岡県糟屋郡新宮町で刑事事件を起こした公務員の方及び刑事事件に強い弁護士をお探しの方並びに道路交通法違反事件でお悩みの方は,是非一度,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(法律相談:初回無料)
(福岡県粕屋警察署への初回接見費用:3万7,200円)

【柳川市での酒気帯び運転(道交法違反)事件で逮捕】~弁護士に相談!

2017-09-13

【柳川市での酒気帯び運転(道交法違反)事件で逮捕】~弁護士に相談!

柳川市に住むAさんは,酒を飲んでいたにもかかわらず,自家用車を運転し,自宅へと向かい始めました。
しかし,その途中,警ら中のパトカーから停止を求められ,警察官から職務質問を受け,その際,飲酒運転の事実が発覚し,その場で,酒気帯び運転道交法違反)の現行犯として逮捕され,田川警察署に連れていかれました。
Aさんが逮捕された旨の連絡を受けた家族は,逮捕されたことにショックを受けるとともに,不安になったことから,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【酒気帯び運転(道交法違反)事件で逮捕】

酒気帯び運転に関しては,道交法第65条第1項に「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定され,これに違反した場合,同法第117条の2の2第3号の「第65条第1項の規定に違反して車両等を運転した者で,その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあったものは,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と罰則を規定しています。
酒気帯び運転は,今や社会的問題に発展しており,これまで何度も法律改正が行われるなどして,法定刑の引き上げがなされてきました。

【酒気帯び運転(道交法違反)事件における弁護活動】

酒気帯び運転逮捕された場合,①初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)②血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度,といった様々な事情により,身柄が拘束されたり,事件の処分が変わってくることになります。
そうなると,当然,弁護士による弁護活動の方向性や内容なども変わってくることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,これまで数々の酒気帯び運転道交法違反)事件を取り扱ってきております。
酒気帯び運転道交法違反)で逮捕された場合など,早い時期に弊所の弁護士までご相談いただければ,経験豊富な刑事事件に強い弁護士が,迅速に早期の身柄解放に向けて取り組むことはもちろんのこと,被疑者の方が円滑に社会復帰することが可能になります。

柳川市での酒気帯び運転道交法違反)事件でお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へのご相談や初回接見サービスのご利用をご検討ください。

(柳川警察署への初回接見費用:4万2,300円)

【戸畑区で公務員を酒気帯び運転で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-08-26

【戸畑区で公務員を酒気帯び運転で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談

公務員であるAさんは,同僚らと一緒に仕事が終わった後,職場近くの居酒屋で飲酒しました。そして,自宅の最寄り駅に到着した際,飲酒しているから車を運転してはいけないと思っていたものの,自宅までわずかな距離だからと思い,車の運転を開始しました。しかし,その途中,物損事故を起こしてしまい,駆けつけた戸畑警察署の警察官によって,道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕されてしまいました。Aさんの家族は,Aさんの今後のことが心配になり,刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【酒気帯び運転】
酒気帯び運転については,道路交通法第65条第1項に「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」旨規定されており,これに反した場合は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになります。酒気帯び運転の場合,まず呼気検査が実施され,呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有している状態であれば,酒気帯び運転となります。また,酒に酔って正常な運転ができない状態で運転すると,5年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられることになります。

処罰については,これまでの例からしても,①初犯であれば,書面だけで裁判を行う「略式手続」で罰金の処分を受けることになりますが,②2度目以降の場合,その略式手続では済まず,裁判所の法廷で,裁判官から罰金刑ではなく懲役刑の言い渡しを受けることになる可能性があります。

【公務員による犯罪】
事件を起こした場合,どなたも不利益を被ることは間違いありませんが,公務員の場合,一般の会社に勤めている方々より大きな不利益を被ることになります。公務員の場合,起こした事件で処分を受けることはもちろんのこと,その立場からして,分限処分や懲戒処分など,それぞれ厳しい処分を受けることになります。その場合,停職や減給で済まず,免職になって職を失う可能性もあります。

そのような最悪な事態に陥ってしまう前に,事件を起こしてしまった公務員の方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。弊所では,これまでにも様々な職種の公務員の方からのご依頼に基づき,弁護活動を行ってきた実績があります。戸畑区で刑事事件を起こした公務員の方及び刑事事件に強い弁護士をお探しの方並びに道路交通法違反事件でお悩みの方は,是非一度,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(法律相談:初回無料)
(戸畑警察署への初回接見費用:4万40円)

【福岡県直方市 飲酒運転で逮捕】~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-08-19

【福岡県直方市 飲酒運転で逮捕】~刑事事件専門の弁護士に相談!

福岡県直方市に住むAさんは,酒を飲んでいたにもかかわらず,自宅の最寄り駅から自家用車で自宅へと向かい始めました。しかし,その途中,パトカーから停止を求められ,職務質問を受け,その際,飲酒していたことが発覚し,その場で,飲酒運転(道交法違反)で,福岡県直方警察署の警察官に逮捕されてしまいました。警察からAさんの逮捕連絡を受けたAさんの家族は,逮捕されたことにショックを受け,どうすればよいか分からなかったことから,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

飲酒運転(道交法違反)事件で逮捕】

飲酒運転(酒気帯び運転)に関しては,道交法第65条第1項に「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定され,これに違反した場合,同法第117条の2の2第3号の「第65条第1項の規定に違反して車両等を運転した者で,その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあったものは,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と罰則を規定しています。

福岡県では,今から10年以上前,福岡市東区内において,男性が酒を飲んで運転したために,前方を走っていた家族5人が乗っている車に追突し,海に転落して,幼い子供3名の命が奪われるという痛ましい事故(福岡海の中道大橋飲酒運転事故)が起きました。

飲酒運転は,今や社会的問題に発展しているため,これまで法律改正が行われるなどして,法定刑の引き上げがなされてきました。

【酒気帯び運転(道交法違反)事件における弁護活動】

飲酒運転逮捕された場合,①初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)②血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度,といった様々な事情により,身柄が拘束されたり,事件の処分が変わってくることになります。
そうなると,当然,弁護士による弁護活動の方向性や内容なども変わってくることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,これまで数々の飲酒運転(道交法違反)事件を取り扱ってきております。
飲酒運転(道交法違反)で逮捕された場合など,早い時期に弊所の弁護士までご相談いただければ,経験豊富な刑事事件に強い弁護士が,迅速に早期の身柄解放に向けて取り組むことはもちろんのこと,被疑者の方が円滑に社会復帰することが可能になります。

福岡県直方市での飲酒運転(道交法違反)事件でお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へのご相談や初回接見サービスのご利用をご検討ください。

(福岡県直方警察署への初回接見費用:4万1,400円)

飲酒運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件の弁護士へ

2017-07-11

飲酒運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件の弁護士へ

福岡市南区に居住するAさんは、両親と同居する自宅でお酒を飲みながらくつろいでいました。
しばらくの間飲み続けているとお酒がなくなってしまい、Aさんはもう少しだけお酒を飲みたいと思い、自宅近くにあるコンビニに車を運転してお酒を買いに行ってしまいました。
そして、コンビニでお酒を買って、車を運転して自宅へ帰っている途中、警ら中の福岡県南警察署の警察官から停車を求められ、その際、飲酒運転が発覚し、現行犯逮捕され、福岡県南警察署に連れて行かれてしまいました。
警察から逮捕の連絡を受けたAさんの両親は、ショックを受け、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

飲酒運転逮捕

上記事例のように、たとえ飲酒運転であったとしても、逮捕されてしまう可能性はあります。
軽い気持ちで行った飲酒運転から、逮捕という身体拘束がなされてしまえば、ご本人もご家族も、大変動揺することでしょう。

飲酒運転逮捕された場合、
飲酒運転について、初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)
・血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度はどの程度か
といった様々な事情により、逮捕後も身柄が拘束されるかどうかや、その後の処分が変わってくることになります。
となると、当然、弁護士による活動の方向性も変わってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、これまで数々の飲酒運転による道路交通法違反事件を扱ってきております。
逮捕された後、早期の段階で弁護士までご相談いただければ、刑事事件に強い弁護士が、迅速に逮捕からの解放に向けて取り組み、被疑者の方が円滑に社会に復帰するお手伝いをさせていただきます。
福岡市での飲酒運転による道路交通法違反事件でお悩みの方は、弊所の弁護士へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
福岡県南警察署への初回接見費用:3万5,900円)

Newer Entries »

keyboard_arrow_up

0120631881 無料相談予約はこちら LINE予約はこちら