福岡県宗像市 酒気帯び酒酔いとの違いは? 逮捕されたら弁護士と接見

2018-06-16

福岡県宗像市 酒気帯び酒酔いとの違いは? 逮捕されたら弁護士と接見

Aさんは,酒気を帯びてアルコールが身体に残ったまま,宗像市の路上で自動車を運転したとして,宗像警察署道路交通法違反(以下,法)で逮捕されました。
Aさんの家族は刑事事件に強い弁護士に接見を依頼しました。
(平成30年6月11日西日本新聞掲載事案を基に作成)

~ 酒気帯び運転と酒酔い運転の違い ~

酒気帯び運転とは,血液1ミリリットルにつき0.3mg又は呼気1リットルにつき0.15mg以上アルコールを保有する状態で車両等(軽車両(自転車など)を除く)を運転することをいいます(法65条1項117条の2の2第1号)。

一方で,酒酔い運転は,酒気帯び運転のように数値以上の飲酒を必要としません
酒酔い運転とは,酒気を帯びて車両等を運転した場合で,その運転した場合に酒に酔った状態アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態)にあった場合の運転をいいます(法65条1項117条の2第1号)。
このことからすれば,例えば,体質的にアルコールの弱い方が,ビールをコップ1杯飲んだことにより,身体に保有するアルコールの量が上記の数値以下であっても,「酒に酔った状態」と判断されれば酒酔い運転となります

罰則も異なります。
酒気帯び運転は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」,酒酔い運転は「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。

~ 逮捕されたら弁護士と接見! ~

逮捕された方の中には,「今後の生活,仕事はどうなるのか?」「身柄は拘束され続けるのか?」「取調べではどんなことを話せばよいのか?」「取調べで間違ったことを話したら処分や刑が重くなるのではないか?」などと言った悩みや不安を抱えている方がおられます。
そんなときは,弊所の初回接見サービスをご予約いただき,弁護士接見を依頼されてはどうでしょうか?

接見のご依頼を受けた弁護士は速やかに逮捕された方と面会し,アドバイスをさせていただくことで不安や悩みなどの軽減に貢献させていただきます。
また,予めお預かりしたご家族等からの伝言をお伝えすることも可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,初回接見サービス等のご予約を0120-631-881で24時間いつでも受け付けております。
宗像警察署までの初回接見費用:39,100円)

ページの上部へ戻る