薬物(シンナー)で少年が逮捕され接見なら刑事弁護士 福岡県柳川市

2018-11-01

薬物(シンナー)で少年が逮捕され接見なら刑事弁護士 福岡県柳川市

福岡県柳川市に住む少年A(18歳)君は,シンナーを摂取した毒物及び劇物取締法違反の件で福岡県柳川警察署に逮捕されました。A君の両親は,一日でも早くA君を釈放してもらいたいと思い,少年事件専門の弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ シンナーに関する少年の検挙補導人員数(福岡県) ~

福岡県のシンナーに関する少年の検挙補導人員数は,平成25年まで14年連続全国1位でしたが,平成26,27年は1人(全国でそれぞれ15人,11人),平成28年は0人となり減少傾向にあります。シンナーの摂取等に関する禁止規定は「毒物及び劇物取締法」に規定されています。同法3条の3には,「(略)毒別又は劇物(略)であって政令で定めるものは,みだりに摂取し,若しくは吸入し,又はこれらの目的で所持してはならない」と規定され,法定刑1年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金,又は併科です。

~ 薬物・少年事件と刑事手続 ~

警察の事情聴取では,シンナーの入手経緯,摂取状況,常習性等につき詳しく聴取されることとなります。その後,事件は検察庁,家庭裁判所へと送られることになります。調査の結果,シンナー薬物に対する依存性・親和性が認められず,更生に向けた環境が整っていると認められる場合などは「審判不開始」決定が出されることがあります。他方,シンナー薬物に対する依存性・親和性が顕著で,少年の更生が必要と判断された場合は,少年審判が開かれた上で「少年院送致」「保護観察」などの保護処分が出されることになります。なお,犯罪を犯した少年に対しては保護処分を下されるのが通常で,上で述べた刑罰を課されるのは極めて例外です。

~ 薬物事件で逮捕されたら少年事件弁護士 ~

シンナーの検挙補導人員は減少傾向にあるものの,覚せい剤大麻などの検挙補導人員は後を絶ちません。お子様が薬物事件で逮捕されたら,釈放,少年審判に向けての対応は刑事事件少年事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご用命ください(★少年事件専門サイトはこちら★)。土日・祝日を問わず24時間初回接見サービス無料法律相談を受け付けております。

ページの上部へ戻る