盗撮と犯罪

2019-03-09

盗撮と犯罪

福岡市中央区に住むAさんは,仕事や家庭のことなどでストレスを溜め込んでいたところ,ストレスを発散しようと盗撮を繰り返していました。そして,Aさんは仕事が休みのある日,また盗撮をしようと思いました。Aさんは,利き足である右足靴の中に特殊な小型カメラを仕込み,それを駅構内のエスカレーター上で前に立っていた女性のスカートの下に差し入れたところ,現場で張り込んでいた福岡県中央警察署の警察官に逮捕されてしまいました。警察から逮捕の通知を受けたAさんの妻は,まずは,弁護士との接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 盗撮とは何罪? ~

テレビやネットなどで,毎週,毎月のように「盗撮」に関するニュースは目にしたり耳にしたりします。盗撮で逮捕された方の中には,盗撮の前科を有していたにもかかわらず再び盗撮した方もおられます。そもそも,どんな人が盗撮する傾向にあるのでしょうか?そして,なぜ,盗撮を繰り返してしまうのでしょうか?今回は,盗撮に関する罪,罰則をご紹介するとともに,その点についてもご紹介したいと思います。

~ 盗撮しやすい傾向・原因? ~

どんな人が盗撮しやすい傾向にあるのでしょうか?ここではその心理的傾向や盗撮の原因についてご紹介します。盗撮に悩まれている方は参考にしていただき,まずは,ご自分の傾向・傾向について見つめなおすきっかけにしていただければ幸いです。

 
= 興奮,スリルを味わいたい =

   
向上心が高い,医者や弁護士などのエリート層の方がこの心理を抱く傾向にあると言われています。また,一度この興奮,スリルを味わうとそれが成功体験となり,快感となって盗撮をエスカレートさせる傾向にあります。

= ストレスを発散したい =

 
ストレスは誰しもつきものですが,ストレスを上手く発散できていない人ほど盗撮に走る傾向にあると言われています。特に,物静かな方,周囲からみて何を考えているのか分からない方,自己表現が苦手な方ほどストレスを上手く発散できていません。ストレス発散のはけ口が盗撮という誤った方向へと導いてしまうのです。

 
= 盗撮されて当然だ,嫌な気はしないはず =

女性を自分より下の存在だとみなし,「女性に対してなら盗撮くらいやってもいい」「やられて当然だ」などとという女性に対する誤った認識をもたれている方は盗撮に走る傾向にあると言われています。夏場になれば,露出度の多い服を着る女性も目立つようになりますが,それを見ると「露出の多い服装=貞操観念の低い」「盗撮を誘っている」という認識を持ち,これが盗撮に走らせてしまうのです。
 

= 盗撮行為の容易性 =

 

技術の進歩によって盗撮が比較的容易となったことも盗撮の原因に挙げられるのではないでしょうか?近年は,カメラ起動時,あるいはシャッター時に音が出ないアプリを容易にダウンロードして入手することができます。また,カメラも段々と小型化されてきており,注意しなければそれとすらわからないものまであります。

~ 福岡県迷惑行為防止条例 ~

では,Aさんの行為はどんな罪に当たり,それについてどんな罰則が設けられているのでしょうか?これについては福岡県迷惑行為防止条例6条2項,3項に規定されていますから,まずはその条文についてひも解いていくことにします。

= 2項について =

* 盗撮行為の場所 *

「公共の場所」,「公共の乗物」,「その他の公衆の目に触れるような場所」とされています。

* 盗撮行為の態様 *

「通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し,又は写真機,ビデオカメラその他これらに類する機器(写真機等)を用いて撮影すること」又は「左の行為をするも目的で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること」とされています。

= 3項について =

* 盗撮行為の場所 *

「公衆便所」,「公衆浴場」,「公衆が利用することができる更衣室」,「その他の公衆が通常衣服又は全部又は一部を着けない状態でいるような場所」とされています。

* 盗撮行為の態様 *

「当該状態(公衆が通常衣服又は全部又は一部を着けない状態)にある人の姿態をのぞき見し,又は写真機等を用いて撮影すること」あるいは「左の行為をする目的で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること」とされています。

= 罰則は? =

通常の盗撮行為の場合,「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」,常習として盗撮行為を行った場合は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」の範囲で処罰されることが多いです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮をはじめとする刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。刑事事件・少年事件でお悩みの方は,まずはお気軽に0120-631-881までお電話ください。無料法律相談初回接見サービスを24時間体制で受け付けております。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

ページの上部へ戻る