【古賀市における商標法違反事件で逮捕】 刑事事件に詳しい弁護士に相談!

2017-09-26

【古賀市における商標法違反事件で逮捕】 刑事事件に詳しい弁護士に相談!

福岡県古賀市において会社を経営するAさんは,資金繰りに窮したことから,世界的服飾ブランドのL社のロゴマークを模倣した商品(いわゆる偽ブランド品)を製造しては販売するということを繰り返していました。
しかし,その後,Aさんが販売する商品を購入したお客さんが,警察に通報したことから,Aさんは,商標法違反の罪により,福岡県粕屋警察署に逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は,Aさんのことが心配になり,刑事事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

≪ 商標法 ≫

上記事案のように,商標自体を明らかにそのまま模倣する行為は,商標法第78条の商標権侵害となり,刑事罰の対象となり得ます。
商標法は,商標の持つ品質保持機能,言い換えれば,そのブランドの有する品質を信用することができるような役割を有していると言えます。
そうすると,当該ブランドの品質を保持するためには,当該ブランドのロゴマークをそのまま用いている場合だけではなく,酷似している場合には,この機能を害するおそれがあると言えます。
そのため,商標法では,ブランドのロゴマークをそのまま模倣した場合だけでなく,類似品に至るまで,その保護の範囲を拡張し,商標法違反として取り締まっているのが実情です。

また,商標法違反の対象となる偽ブランドに該当するか否かは,①外観が類似しているかどうかの外観類似性,②消費者が思い浮かべる商標の意味が類似しているかという観念類似性,③発音の紛らわしさの称呼類似性,の3つ観点から検討されることになります。

商標法に違反し起訴された場合,同法第78条により,5年以下の懲役又は500万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

福岡県古賀市内における商標権侵害商標法違反でお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に所属する弁護士までご相談ください。
商標権侵害に関する刑事事件は,早い時期に弁護士に依頼することが,今後の処分に大きく影響を及ぼす場合があります。
刑事事件を専門に扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,初回の法律相談は無料となっておりますので,是非,お気軽にご連絡ください。

(法律相談:初回無料)
(福岡県粕屋警察署への初回接見費用:3万7,200円)

ページの上部へ戻る