北九州市小倉南区の少年事件で逮捕 窃盗罪(ひったくり事件)なら弁護士に相談

2017-06-05

北九州市小倉南区の少年事件で逮捕 窃盗罪(ひったくり事件)なら弁護士に相談

福岡県北九州市小倉南区に住むAさんは、不良グループの先輩から誘われて、原付バイクで2人乗りをし、「ひったくり」行為を繰り返していたところ、福岡県小倉南警察署の警察官に窃盗罪(ひったくり)で逮捕されました。
Aさんの両親は突然のことに驚き、少年による窃盗罪ひったくり事件)の対応方法について、少年事件、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

少年事件による窃盗罪の特徴】

窃盗罪は刑法第235条で、10年以下の懲役又は50万以下の罰金になると定められています。
窃盗罪は、「他人の財物を不法領得の意思をもって窃取すること」により成立します。
少年事件逮捕事例としては、窃盗罪が多い傾向にあり、その手口としては、小倉南区に住むAさんのように「ひったくり」の他、「万引き」「車上荒らし」等があります。
少年による「ひったくり」行為の方法としては、原付バイク等の二輪車を使用して犯行に及ぶケースが多いようです。

【少年がひったくり事件で逮捕されたら】

少年が窃盗罪ひったくり)で逮捕され、無罪を主張する場合は、犯行当日のアリバイやその他客観的証拠を提出することが大事です。
少年が窃盗罪ひったくり)の罪を認める場合は、早期身柄解放やその後の処分を軽くするために、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、ひったくり等の窃盗罪逮捕された事件についても適切な弁護活動を行います。
少年事件で注意しなければならない事例として、Aさんのような不良グループ内の犯行による場合、逮捕された仲間を庇う気持ちから、少年が自分に不利な供述をしてしまう可能性があることです。
弊所の弁護士は、少年事件専門の弁護士ですから、接見を通じ、不安な状況にある少年の心情に寄り添い、取り調べについても適切なアドバイスを行います。
少年がひったくり事件等の窃盗罪逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
福岡県小倉南警察署 初回接見費用:3万3800円)

ページの上部へ戻る