福岡県北九州市戸畑区の暴行事件で罰金 刑事事件専門弁護士の活躍により不起訴に

2017-06-04

福岡県北九州市戸畑区の暴行事件で罰金 刑事事件専門弁護士の活躍により不起訴に

福岡県北九州市戸畑区内に住むAさんは、仕事のことでイライラしており、大声で、道端で話していたVさんに腹を立てて、Vさんの胸ぐらをつかんで殴るなどの暴行をしました。
Aさんは、戸畑警察署暴行の容疑で捜査を受けています。
また、戸畑警察署の警察官には、「罰金になるだろう」と言われています。
Aさんは不起訴などの可能性はないのか、刑事事件専門の事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

暴行罪罰金
他人に暴行を行ったものは、「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」に処せられます(刑法208条)。

暴行罪を行った場合、初犯で悪質性もなければ、上記警察官が言っているように、罰金処分などがなされる可能性が高いといえます。
ただ、どのような刑罰を処すのかについては、警察官には権限はありません。
その権限があるのは、検察官になります。
ですから、たとえ、警察が「おまえはブタ箱(刑務所)行きだ!」と言ったとしても、刑務所へは行かず執行猶予判決であったり、罰金であったりする可能性もあります。
逆に、「罰金になるだろう」と言っていたとしても、実際は犯行の悪質性が認められ、「執行猶予付き判決」になる可能性もあります。

もっとも、罰金であろうが執行猶予付き判決であろうが、刑罰を科されていることには変わりありませんので、「前科」がついてしまうことになります。
できれば、「前科」を避けたいと考えるのが多数の方でしょう。
そのような場合は、被害者さんにきちんと謝罪と賠償をすること、そして、その事実や再犯防止策等を検察官にきちんと主張することで、不起訴を目指すことが大事になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件のみを扱ってきました。
罰金見込みの暴行事件で不起訴を獲得したこともあります。

福岡県北九州市戸畑区暴行事件で、罰金を避け不起訴になりたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
戸畑警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る