北九州市小倉北区のオレオレ詐欺 勾留阻止,接見解除なら弁護士

2018-07-17

北九州市小倉北区のオレオレ詐欺 勾留阻止,接見解除なら弁護士

Aさんは,北九州市小倉北区に住むVさんにオレオレ詐欺を行い,200万円をR銀行の口座に振り込ませました。
Aさんは,Bさんに事情を説明し,BさんにR銀行のATMから200万円を引き出させました。
そうしたところ,Aさん,Bさんは小倉北警察署逮捕されました。
(フィクションです)

~ オレオレ詐欺 ~

オレオレ詐欺とは,特殊詐欺の犯行態様の一つです。
特殊詐欺には,オレオレ詐欺のほか,架空請求詐欺,還付金等詐欺などがあります。
オレオレ詐欺は,複数の者が役割を分担して組織的に行われているのが実情です。
Aさんのような騙す役は「かけ子」,Bさんのような現金の引き出し役はは「出し子」と呼ばれています。

通常,かけ子は,電話などで詐欺罪の欺罔行為(騙す行為)を行っていることから詐欺罪に,出し子は,銀行の意思に反してお金を奪ったということで窃盗罪に問われます。
しかし,双方に共謀が認められれば,かけ子にも窃盗罪が,だし子にも詐欺罪が成立する可能性はあります。

オレオレ詐欺は組織的な犯行で,事案の全容を解明するには相当日数を要することから,逮捕勾留され,その後は勾留期間が延長される可能性が非常に高いです。
また,身柄拘束は事件単位で行われますから,仮に,ある事件で処分保留により釈放されたとしても,他の事件で再逮捕され,再び勾留勾留延長が続くということの繰り返しになるおそれもあります。
さらに,犯行に関与していない人物が拘束されていない場合などは,それらの者との面会(接見)を遮断する接見禁止決定が出されることがあります。
この決定が出されると,家族など一見して事件とは関係のない方々との面会も禁止されてしまいます。

弁護人としては,検察官や裁判官に働きかけるなどして,勾留勾留延長を阻止したり,その期間の短縮を求めるなど釈放に向けて努めますし,弁護人以外の者との面会も可能となるよう,接見禁止解除決定(一部解除を含む)を求めるなどします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の法律事務所です。
0120-631-881で,24時間・365日,初回接見サービス無料法律相談のご予約を承っています。
お気軽にご連絡ください。
小倉北警察署までの初回接見費用:39,740円)

ページの上部へ戻る