【少年】福岡県朝倉市の傷害事件 少年院送致を回避するなら弁護士へ

2018-07-18

【少年】福岡県朝倉市の傷害事件 少年院送致を回避するなら弁護士へ

高校1年生のAさんは,福岡県朝倉市の高校で同級生の顔面を殴り加療2週間の怪我をさせる傷害事件を起こしました。
Aさんには過去に窃盗事件で微罪処分となった非行歴があったことから,Aさんの両親は,Aさんが少年院に送致されてしまうのではないかと思い不安になり,少年事件に詳しい弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 少年院送致を回避するには ~ 

少年院は,家庭裁判所から保護処分として送致された者などを収容する施設で,少年に対して矯正教育その他の必要な処遇を行う施設です。
少年院送致少年審判で下される保護処分の一種ですが,少年の意思に関わりなく少年を施設に収容され,自由の利かない規律正しい生活を強いられる点で他の保護処分よりは厳しい処分といえます。

どんな場合に少年院送致になるかは一概にはいえませんが,特に,非行事実,非行歴などから犯罪傾向が進んでいる少年,更生・矯正に向けた環境が整っていない少年などは少年院送致となる傾向があります。

他方,少年鑑別所の生活を通じて改善更生が見られたり,非行の原因となった家庭環境や生活状況,交友関係などの問題が解決しつつあると認められたりした場合には,少年が(少年院に収容されなくとも)社会の中で周囲の支えを得て立ち直ってゆくことに期待し,少年院に収容することまではせず,保護観察となることも少なくありません

したがって,少年院送致を回避するには,少年審判が始まるまでに,少年の非行の原因を探り,更生に向けた環境を整備し,なぜ少年院ではなく社会内での矯正が妥当なのか,適当なのかを調査官や裁判官にしっかりアピールする必要があります。
そのためには,付添人である弁護士の力が必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
少年事件でお悩みの方は,0120-631-881までお気軽にお電話ください。

ページの上部へ戻る