福岡市早良区の自転車ひき逃げ① 逮捕回避のため弁護士に無料法律相談

2018-05-22

福岡市早良区の自転車ひき逃げ① 逮捕回避のため弁護士に無料法律相談 

Aさんは帰宅途中,自転車事故を起こしました。
AさんはV君(7歳)の様子などから「大した事故ではない」と思い,そのまま立ち去りました。
しかし,Aさんは,後日,福岡県早良警察署に逮捕されるかもしれないと不安になり,弁護士無料法律相談しました。
(フィクションです)

~「ひき逃げ」について~

ひき逃げについては,道路交通法(以下「法」)72条1項に定められています。
すなわち,その前段では車両等の運転者の「救護措置義務」を,後段では警察官に対する「事故報告義務」を定めています。

車両等の運転者は,交通事故があった場合,負傷者の救護や道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならず(救護措置義務),さらに,警察官に対し当該交通事故の内容(日時,場所,死傷者の数,負傷の程度等)を報告しなければならない(事故報告義務)のです。

「車両等」には自転車も含まれますから,自転車の運転者が交通事故を起こし負傷者等を出した場合も同様の義務が課せられます!

ただし,救護措置義務に関する罰則については,自動車自転車で区別されています。
自動車については法117条1項で「5年以下の懲役又は50万円以下の罰金」,2項で「10年以下の懲役又は100万円以下の罰金」,自転車については法117条の5第1号で「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」と定められています。
事故報告義務については,両者の区別なく法119条10号で「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金」です。

~逮捕を避けるには?~

逮捕を避けるには,まず,勇気を出して警察に自首出頭することが肝要です。
しかし,そうは言いながら「実際自首出頭したら逮捕されるか不安だ」などと,自首出頭を躊躇っておられる方もいるかもしまれません。
そんなときは,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の「出頭同行サービス」をご利用ください。
同サービスでは,本人に代わり,弁護士が警察と自首出頭日時の調整をしたり,実際に出頭に付き添うなどさせていただきます。

弊社では,ひき逃げ等の交通事故でお悩みの方のための無料法律相談初回接見出頭同行サービスを随時受け付けています。
まずはフリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
福岡県早良警察署への初回接見費用:35,500円)

ページの上部へ戻る