【福岡市中央区 痴漢事件】否認で取調べ対応なら刑事事件弁護士

2018-08-30

【福岡市中央区 痴漢事件】否認で取調べ対応なら刑事事件弁護士

福岡市中央区に住むAさんは,福岡県中央警察署から通勤途中の電車内で痴漢をしたという容疑をかけられています。
しかし,Aさんは,「故意に触ったわけではない」と一貫して容疑を否認しています。
Aさんは,一回目の取調べでは何とか否認を貫くことができましが「取調べがしんどくなってきた」などと,次回の取調べで否認を通せるか不安なようです。
そこで,Aさんは,痴漢事件刑事事件専門の弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 痴漢事件の取調べ ~

取調べは,外部からとの連絡を遮断されたいわゆる「密室」において行われています。
最近では,取調べの可視化といって,一部の事件に限り,取調べの録音録画を実施しているようですが,痴漢事件においてはまだまだ実施されるのは少ないようです。
録音録画の実施されていない取調べでは,第三者の目が届きずらく,事後的な検証も困難であることから,捜査官による怒号,威圧,人格を否定するかのような暴言,罵倒を浴びせるなどの行為が行われやすいと言えます。
ご相談者の中にも,痴漢事件に関して繰り返される取調べ,質問,捜査官の威圧・怒号などによって精神的な病気を患い,本当は痴漢をやっていないのに,やったと認めようかと悩んでおられる方もおられます。

しかし,痴漢事件に限らず,すべての刑事事件において,一度事実を認めてしまうと,後になってその話を覆すことは大変な労力と困難を伴います。
よって,痴漢をやった認識が明確にあるのにやってないと否認するのは別として,本当にやっていないのであれば最初から最後まで「やってない」という確固たる姿勢を貫くことが大切です。
そうはいっても,相手は取調べのプロですから,あの手この手を使ってあなたに痴漢を認めさせようとします。
ですから,取調べに不安がある方は,事前に痴漢事件刑事事件専門の弁護士に相談したおいた方がいいでしょう。
弊所のご契約者様の中にも,痴漢事件において,最初から最後まで否認を貫き通し,不起訴(嫌疑不十分)を獲得した方もおられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
痴漢で要らぬ疑いをかけられるなどしてお困りの方は弊所の弁護士までご相談ください。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

ページの上部へ戻る