福岡空港の覚せい剤輸入罪(営利目的) 覚せい罪取締法違反にも強い弁護士

2017-06-08

福岡空港の覚せい剤輸入罪(営利目的) 覚せい罪取締法違反にも強い弁護士

Aは営利目的で覚せい剤を輸入しようと考え、福岡市に所在する福岡空港において、海外で入手した覚せい剤を鞄に隠匿していたところ、福岡空港警察署の警察官に、覚せい剤取締法違反(覚せい剤輸入)の疑いで逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は突然のことに困ってしまい、覚せい剤取締法違反に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

覚せい剤輸入の法定刑】

覚せい罪取締法違反では、覚せい剤の輸入、輸出、製造行為について、「1年以上の有期懲役」としています。
また営利目的で覚せい剤を輸入、輸出、製造した場合の法定刑は、「無期若しくは3年以上の懲役で、情状により1000万円以下の罰金を併科」と定められています。
Aさんのように営利目的による覚せい剤輸入で逮捕され、起訴されると、法定刑に「無期懲役」が入っているので、「裁判員裁判」に付されます。

覚せい罪取締法は、上記覚せい剤の輸出入行為の他、所持、使用、譲渡、譲受行為等についても厳しい罰則を定めています。

覚せい剤取締法違反に強い弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、覚せい剤取締法違反等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
覚せい剤輸入の事実について認めている場合は、寛大な処分が下されるよう、反省の機会を与え、再犯防止策を提示する等の主張を行います。
覚せい剤輸入の事実について全く身に覚えがない場合、接見を通じて詳細な状況をお伺いし、客観的な証拠資料を裁判官に提示する等、適切な弁護活動を行います。

ご家族が覚せい剤輸入罪等の覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後の手続きについてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に、まずは初回接見をお申込み下さい。
福岡空港警察署 初回接見費用:3万4600円)

ページの上部へ戻る