福岡県行橋市の傷害事件で被害届 警察に捜査・逮捕される前に弁護士に相談

2017-06-07

福岡県行橋市の傷害事件で被害届 警察に捜査・逮捕される前に弁護士に相談

福岡県行橋市に住むAさんはスナックで、その場にいたVさんとトラブルから口論になりました。
口論の最中、ついカッとなったAさんは手を出し、Vさんの顔を殴り骨折を負わせてしまいました。
Vさんは「被害届を出すぞ」とAさんに詰め寄り、金銭での償いを要求しました
しかし、Aさんは手元に持ち合わせがなく、お互い酔っていたこともあり、その場を後にしました。
翌日Aさんは、示談でいくら金銭を要求されるのかということと、被害届を本当に出された場合の不安があったため近くの弁護士に相談しました。
(フィクションです)

被害届が出されたら】
警察は被害届を受けた場合、被疑者や被害者の取調べをする、客観的証拠を集めるなど、いわゆる捜査が行われます。
その捜査段階において、被疑者が逮捕され、身柄が長期間拘束される場合もあります。
逮捕された場合、家族は面会できないケースがほとんどです。
これらによるAさんが受けるであろう損失は計り知れません。

【示談を行うとしたら】
被害者との示談交渉は弁護士を入れて行うのが一般的です。
個々人でその場でお金を払えば解決する、と考える方も多いですがやはり専門家で法律的知見のある弁護士を入れるべきです。
弁護士をいれるメリットとしては、例えば、示談金額の相場を把握している弁護士が適切な金額で交渉できるという点や、きちんとした書面で示談を行うため、後々のトラブルを防ぐことができるという点等があげられます。
示談がなされれば、警察は被害届が出ていたとしても、当事者間での和解は行われていると考え、事件化しない(検察官へ送致しない)ケースも少なくありません。

弊社の弁護士刑事事件専門の弁護士ですから、示談も数多く経験しています。
福岡県行橋市傷害事件の示談活動などでお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
行橋警察署 初回接見費用:4万4140円)

ページの上部へ戻る