福岡県朝倉市の盗撮事件で逮捕 教員の事件報道回避には弁護士

2017-12-15

福岡県朝倉市の盗撮事件で逮捕 教員の事件報道回避には弁護士

福岡県朝倉市内の中学校に勤める男性教員のAさんは、市内で行われていたイベント会場内の路上において、小学校高学年の女児のスカート内を望遠レンズ付きカメラで盗撮していました。
付近にいた女性が、Aさんが女児にカメラを向けていることに気づき、会場内で警備していた福岡県警察朝倉警察署の警察官に通報したことで、Aさんは福岡県迷惑行為防止条例違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの妻は、Aさんが教員ということもあり、今後どうなってしまうのか不安にかんじ、刑事事件に強い弁護士無料法律相談することにしました。
(10月9日の産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~盗撮事件と事件報道回避~

上記事例のAさんのように、「教員」が刑事事件を起こしてしまった場合には、注意が必要な点があります。
それは、「事件報道」についてです。
教員が性犯罪等のわいせつ事件を起こすと、マスコミ報道されやすい傾向にあります。
また、教員だけでなく、有名企業に勤務している方、医師,弁護士,会計士等,社会的地位が高い方が逮捕された場合は、警察発表や報道がなされる可能性が高いです。
もし実名報道をされてしまうと、逮捕されたことが勤務先に知られてしまうリスクが高くなります。

教員の方で、盗撮事件を起こしてしまい、報道されるか不安な方、実名報道を回避してほしい方は、すぐに弁護士に相談・依頼をすることをお勧めします。
弁護士から警察などの捜査機関に対して「盗撮事件での逮捕事実の公表をしないで欲しい」旨の働きかけをできますし、勤務先に事件を知られてしまわないための勤務先学校への対応方法のアドバイスを受けられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所で、これまで多数の盗撮事件を承っています。
盗撮事件の容疑で逮捕されてお困りの方、事件報道を回避したいとお考えの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(福岡県警察朝倉警察署への初見接見費用:41,900円)

ページの上部へ戻る