福岡県久留米市の少年事件に強い弁護士…恐喝罪で逮捕なら相談!

2017-07-21

福岡県久留米市の少年事件に強い弁護士…恐喝罪で逮捕なら相談!

福岡県久留米市に住む女子高生Aさんは、複数の友人らと一緒に、同級生であるVさんに脅迫や暴行を加えて、日頃から現金などの金品を要求していました。
ある日、Vさんの態度やお金の使い方などに疑問を抱いたVさんの母親は、福岡県久留米警察署に相談し、恐喝罪の被害届を提出しました。
後日、Aさんらは、Vさんに対する恐喝罪の容疑で、複数の友人らとともに逮捕されました。
Aさんの母親は、娘が恐喝罪で逮捕されてしまったことから、どうしていいか分からず、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

恐喝罪

恐喝罪は、刑法249条に規定されています。
恐喝罪を定める条文では、1項に「人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」、2項に「1項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする」と定めています。

一般的に、少年事件における「カツアゲ事案」は、この恐喝罪が適用されることが多いようです。
今の時代、上記事案のように、学校の生徒間における「イジメ」の一般として、カツアゲ、つまり「恐喝」が行われることも多々あります。
また、暴行の態様や脅迫の程度が相手方(被害者)の犯行を抑圧するものとなれば、恐喝罪ではなく、より刑罰の思い「強盗罪」が成立する可能性もあります。

恐喝事件には、上記事例のVさんのような被害者の方が存在します。
少年事件の示談は、成人の刑事事件のような即効性はありませんが、それでも、少年やその家族が被害者の方へきちんと謝罪の気持ちを表しているということは、少年の更生に大切なことですから、少年による恐喝事件でも、被害者に謝罪するとともに示談をすることは重要です。
少年事件のプロに任せることで、円滑な謝罪・弁償の手続きが取れる可能性が上がります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件や刑事事件専門の弁護士が所属する法律事務所です。
少年事件の、特に恐喝事件のような被害者対応が必要な事案では、弁護士のサポートを受けられた方が安心です。
福岡県久留米市恐喝事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご利用ください。
福岡県久留米警察署への初回接見費用:4万700円)

ページの上部へ戻る