福岡県大野城市の業務妨害罪で逮捕なら~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-07-18

福岡県大野城市の業務妨害罪で逮捕なら~刑事事件に強い弁護士に相談

福岡県大野城市に住むA子さんは、買い物に行ったデパートの従業員の対応に納得がいかず、嫌がらせをして業務妨害をしようと考えました。
そこで、A子さんは、ある日、そのデパートに行き、寝具売場の布団の中に、見えないような形で針を混入させました。
しかし、その後、A子さんは、福岡県春日警察署の警察官に、偽計業務妨害罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(この事例は、フィクションです)

~「業務妨害罪」とは…?~

現行の刑法では、「信用及び業務に対する罪」として、第233条に「信用毀損罪」と「業務妨害罪」、第234条に「威力業務妨害罪」を、それぞれ定めています。
業務妨害罪を犯した場合の刑罰については、いずれも、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられることになっています。

業務妨害罪の成立には、①「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて」(第233条)、もしくは威力を用いて(第234条)、②人の「業務」を
、③「妨害」したこと、が要件となります。

業務妨害罪のいう「業務」とは、人が社会生活を維持するうえで継続反復する仕事をいいます。

業務妨害罪で逮捕されたら~

業務妨害罪の疑いで取調べを受けたり、逮捕された場合、捜査機関からは、そのような行為に至った動機や被害者とトラブルの関係にあったか否かなどについて、詳しく聴取されることになると考えられます。
また、トラブルを抱えていた場合、業務妨害罪のほか、名誉棄損罪などの余罪が判明する場合もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務妨害事件など刑事事件を専門に取り扱っている弁護士事務所ですので、業務妨害罪で取調べを受けたり、逮捕された場合も迅速かつ適切な弁護活動を行います。
ご友人やご家族が偽計業務妨害罪などの業務妨害罪の容疑で取調べを受けたり、逮捕されてしまってご不安な方は、弊所の刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
福岡県春日警察署 初回接見費用:3万6,600円)

ページの上部へ戻る