福岡県宗像市の詐欺事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-07-19

福岡県宗像市の詐欺事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談

福岡県宗像市に住む会社員のAさんは、居酒屋で夜遅くまで酒を飲み、タクシーで自宅に帰ることにしましたが、自宅近くになってから、財布にお金がほとんど残っていないことに気づきました。
Aさんは、料金の支払いを免れようと決意し、運転手にコンビニに寄るように頼み、運転手は、Aさんがコンビニでお金を用意するのだろうと思い、言われたとおり、コンビニの駐車場にタクシーを停車させました。
しかし、Aさんはコンビニに入るふりをしてそのまま逃走し、料金の支払いを免れました。
その後、Aさんは、福岡県宗像警察署の警察官に詐欺罪逮捕されてしまい、困ったAさんの妻は、刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(この事案はフィクションです)

詐欺罪とは…】

詐欺罪の規定は、刑法246条にあります。
詐欺罪には、人をだまして①財物を交付させた場合に成立するもの(1項詐欺)と②財産上不法の利益を得たり、人に利益を得させたりした場合に成立するもの(2項詐欺)があります。
詐欺罪が成立するためには、①人をだまして金銭や物を受け取る、又は、②人をだまして利益を得たり、損害を発生させたりすることが要件になります。
上記事案の場合、Aさんは運転手をだまして料金の支払いを免れている、つまり、財産上不法の利益を得ていることになりますから、2項詐欺が成立することになります。

詐欺罪の法定刑は、10年以下の懲役と定められており、裁判になって有罪になり、執行猶予がつかなければ、すぐに刑務所へ行くことになってしまいますから、詐欺罪逮捕された場合、早期に弁護士に弁護活動を開始してもらうことが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、詐欺事件をはじめ、刑事事件に強い弁護士が多数所属しています。
福岡県宗像市詐欺事件で逮捕された場合は、是非、弊社の刑事事件に強い弁護士の初回接見サービスをご利用ください。
逮捕されておらず、在宅事件として警察から詐欺罪で取調べを受けている場合には、弊社の無料相談をご利用いただき、刑事事件に強い弁護士に相談してください。
福岡県宗像警察署まで初回接見費用 3万8,900円)

ページの上部へ戻る