公然わいせつ罪が後から発覚? 不起訴を目指す福岡の刑事弁護士

2018-11-18

公然わいせつ罪が後から発覚? 不起訴を目指す福岡の刑事弁護士

Aさんは,深夜,店員以外誰もいない福岡市東区内のコンビニエンスストア内に入り,店内で陰部を露出した状態で歩いていた公然わいせつ罪で,福岡県東警察署から呼び出しを受けました。警察に発覚することはないだろうと思っていたAさんは驚き,公然わいせつ罪に強い弁護士に無料相談を申込みました。
(フィクション)

~ 公然わいせつ罪(刑法174条) ~

公然わいせつ罪は公然とわいせつな行為をした場合に成立する犯罪です。公然わいせつ罪の法定刑は6月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。
公然わいせつ罪の公然とは不特定又は多数の人が認識できる状態のことで,現実に認識される必要はありません。よって,コンビニエンスストア内にお客さんがいない状態でも,店員に現実に認識されていなくても,コンビニエンスストアという公共の場ではいつ人に認識されるとも分かりませんから公然と言えることになります。

~ 公然わいせつ罪が後から発覚? ~

公然わいせつ罪といえば,目撃者の現認から現行犯逮捕というイメージを持たれる方も多いと思いますが,それだけではありません。本件のように公然わいせつ罪であっても後から発覚し,最悪の場合,逮捕につながるおそれも十分あり得ます。

では,なぜ,本件の公然わいせつ罪は発覚したのでしょうか?
一番考えられるのは,コンビニエンスストアに設置してある防犯ビデオ映像です。最近のコンビニエンスストアには,レジ上はもちろん,出入口,駐車場等様々な場所に防犯ビデオ映像が設置されてます。しかも,映像の鮮明度も格段に上がっていますから,防犯ビデオ映像にAさんとわかる顔が映っていた可能性があります。
ただ,警察は,防犯ビデオ映像に映っていたAさんの顔のみでは犯人=Aさんと断定はしません。駐車場に設置されてある防犯ビデオ映像に映ったAさんの車の車種やナンバーについて裏付け捜査を進めるとともに,Aさんが犯行時に着てたと思われる着衣についても裏付け捜査が進められます。つまり,警察官がAさん宅へ行き,場合によってはガサで(強制的に),着衣を押収するのです。本件でも,車種,車のナンバー,着衣等から犯人=Aさんと特定された可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,公然わいせつ罪をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。公然わいせつ罪でお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください,専門のスタッフが無料相談,初回接見サービスのご案内をさせていただきます。

ページの上部へ戻る